SGH

サービス品質

⽅針・体制・取組み

品質に関する⽅針・体制・取組み

目標と実績(佐川急便)

バウンダリ 中長期目標 2020年度目標 2019年度実績
佐川急便 サービス品質の維持・向上 時間品質・貨物品質・応対品質の改善(前年度比) 以下表のとおり
品質項目(佐川急便) 対象 結果
時間品質 ①時間帯サービス 改善
②不在再配達
③商流午前中配達
貨物品質 ④発送貨物事故 改善
応対品質 ⑤お客さまからの要望 改善

機能別品質チェック(佐川急便)

頻度 名称 目的 参加者・担当者
本社 支店 営業所 内部
監査員
週次 全体朝礼での品質報告 品質項目(※上記参照)の達成状況を報告。問題があれば即時対応 取締役各部部長 支店長 所長
月次 全国品質推進責任者会議 品質に関する問題点の分析や再発防止策などを検討 取締役品質保証部営業部輸送NW部 品質責任者責任者 品質責任者責任者
年次 内部監査 国内の全営業所を対象に70項目以上の品質をチェック。 内部監査員は佐川急便が定めた有資格者(約3,000名が保有)