SGH

労働安全衛生

⽅針・体制・取組み

労働安全衛⽣に関する⽅針・体制・取組み

目標・実績

バウンダリ 中長期目標 2020年度目標 2019年度実績
SGホールディングス
グループ(国内)
全被保険者のBMI25以上の
割合を2023年度末までに
23.0%以下とする
全被保険者のBMI25以上の
割合を2020年度末までに
24.5%以下とする
26.4%

労働災害の状況

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
不休 497 571 468 599
休業 380 380 397 567
合計 877 951 865 1,166

度数率

バウンダリ 2017年度 2018年度 2019年度
度数率 国内 3.83 4.14 4.45
運輸業・郵便業における平均値 3.24 3.42 3.50

度数率は労働災害の発生割合を示す国際指標。100万労働時間当たりの死傷者数=死傷者の数/延べ労働時間×1,000,000

佐川急便、SGフィルダー、佐川グローバルロジスティクスの3社を集計

労働安全衛生マネジメントの取得状況

認証の種類 バウンダリ 単位 認証を受けたグループ会社 認証を受けた法人
OHSAS18001 グループ 1 EXPOLANKA
ISO45001 グループ 1 SG佐川アメロイド

OHSAS18001の認証割合は連結子会社111社(2020年10月1日現在)のうち0.9%です。同社は世界21か国に進出しており、そのうち4か国の事業所がOHSAS18001の認証を取得しています。

ISO45001の認証割合は連結子会社111社(2020年10月1日現在)のうち0.9%です。同社はシンガポール国内の本社が認証を取得しています。