SGH

人権の尊重

人権に関する方針

SGホールディングスグループは、企業理念「信頼、創造、挑戦」を掲げています。SGホールディングスグループがステークホルダーからの信頼を得て新たな価値を創造していく土台となるのが人権の尊重です。

SGホールディングスグループ倫理・行動規範では、「私たちは、お互いの人権・人格と個性を尊重し、一人ひとりがその能力を最大限に発揮できる職場をつくります」と明記し、人権尊重の基本姿勢を明らかにしています。

本規範はSGホールディングスグループの全ての役員・従業員に適用され、本規範に則り行動することが求められます。従業員等は本規範の内容を理解し、本規範に則って行動する旨を宣誓し、宣誓書に署名します。本規範に違反する行為をした者や違反を放置した者は、就業規則やその他の社内規程に基づいて処罰の対象となり得ます。本規範の改廃については取締役会の承認を得る必要があります。

さらに、「SGホールディングスグループヒューマンライツポリシー」を定め、人権侵害や差別・虐待につながる行為を禁止し、人権尊重に取り組んでいます。これはSGホールディングスグループの事業活動に関係する人権課題について、本規範に基づきSGホールディングスグループがどのように取り組んでいくかを明確にするものです。

本ポリシーはSGホールディングスグループの全ての役員・従業員に適用されます。また、取引先へも本ポリシーの各項目を理解し順守していただくことを期待し、共存共栄を目指しております。


ヒューマンライツポリシー

SGホールディングスグループは、グローバルでの事業活動を加速させる中で、あらゆるステークホルダーの人権を尊重する企業方針をコミットメントし、社内外に広く宣言・周知するために「SGホールディングスグループ ヒューマンライツポリシー」を制定しています。

本ポリシーは、「SGホールディングスグループ行動憲章」「SGホールディングスグループ倫理・行動規範」に基づいた人権尊重の考え方を、より具体的な内容で示したものです。

前文

SGホールディングスグループは「世界人権宣言」の趣旨に賛同し、人権を尊重し擁護します。

本人権に対する考え方は、「SGホールディングスグループ行動憲章」、「SGホールディングスグループ倫理・行動規範」に基づいた人権尊重の考え方を具体的な内容で示しています。

すべての人の人権尊重

性別、人種、宗教、国籍、民族、政治的指向、性的指向(LGBT等)、結婚、妊娠や出産、病歴、障がい、感染の有無などのいかなる事由に関わらず、差別は行いません。

法令遵守

各国・地域の法令を遵守します。法令が厳格でない国・地域では国際ルールを採用します。

人権侵害発生の予防

人権侵害の発生を予防するために、「人権デュー・ディリジェンス」※の仕組みをつくり継続して実施していきます。

児童労働、強制労働の禁止

各国・地域の法令で定める就業年齢に達しない児童労働を禁止します。同様に、強制労働も行いません。また、取引先にも児童労働、強制労働の禁止を求めます。

人権侵害への加担回避

人権侵害に加担しません。また、受益的加担や加担の黙認を行わないように努力します。

問題発生時の対応

人権侵害が発生した場合の対応策を定め、被害者および通報者の保護を行い、公平公正をもって迅速に解決します。

安全と健康

安全を最優先にして職場環境を整え、従業員の健康増進に取り組みます。

透明性と啓発

SGホールディングスグループが取り組む活動は透明性をもって報告します。

従業員に対して「SGホールディングスグループ ヒューマンライツポリシー」の啓発を継続的に行い、取引先に対しても人権の尊重と対応を求めます。

人権に関する負の影響を認識し、それを防止・対処するために実施するプロセス


人権に関する体制

SGホールディングスグループにおけるヒューマンライツポリシーに対する取組みとして、従業員向けの報告相談窓口である「何でも相談室」を設けております。この相談窓口は、労働環境、不当な差別、パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、マタニティーハラスメント、LGBT、障がい者等に対する人権侵害などを対象に、専門スタッフを配置。さらに、女性特有の人権侵害も想定し、女性が対応する専用窓口も設けています。

「何でも相談室」に加え、法令や社内規則、倫理行動規範に違反する行為(人権侵害を含む)については、内部通報制度「コンプライアンス・ホットライン」で通報を受け付けています。同ホットラインは従業員のみならず、従業員の家族、協力会社も対象とした窓口であり、社内窓口の他に弁護士事務所に外部窓口を設け、海外法人向けに英語・中国語に対応する窓口も設置しています。通報事案に関する一切の情報については秘密保持を徹底しており、通報者及び調査協力者の匿名性を確保して、不利益な扱いは社内規程において禁止しています。

「コンプライアンス・ホットライン」に寄せられた通報に関する情報は、所管であるコンプライアンス統括部によって集計・分析され、課題の洗い出しや改善案等が検討されます。グループリスクマネジメント統括責任者(管理・統制担当取締役)が議長を務め、当社各部署の長、事業会社のリスクマネジメント統括責任者(社長)が参加するSGホールディングスグループリスクマネジメント会議を通じて、コンプライアンス統括部が四半期ごとのモニタリング結果等を報告、会議参加者に情報共有することで、グループ全体での継続的な改善につなげています。

人権に関わる主な担当部署

担当部署 取り組み 取り扱うテーマ・内容
SGホールディングスグループ
「なんでも相談室」係
従業員向け相談窓口「なんでも相談室」 職場における不当な差別、各種ハラスメント、LGBT、障がい者等に対する人権侵害など
コンプライアンス統括部 内部通報制度「コンプライアンス・ホットライン」
同ホットラインに関する集計・分析及び、その結果を四半期ごとにグループリスクマネジメント会議を通じて報告
法令、社内規則、倫理・行動規範違反(人権侵害含む)

人権に関する取り組み

ヒューマンライツポリシーの教育推進

グループ全社の従業員に対して、上記ヒューマンライツポリシーの読み合わせ実施を徹底し、人権教育の浸透を推進しています。

ハラスメント教育の実施状況

SGホールディングスグループは、毎年6月と12月の年2回を「ハラスメント防止月間」と定め、すべての従業員の多様性、人格、個性が尊重されハラスメントを受けることなく、意欲を持って就業できる、明るい職場環境の実現に取り組んでいます。2019年度においては、「何がハラスメントにあたるのか」等の基本的内容から実践的な職場ルール作りに取り組んでもらうなど、幅広くハラスメント防止教育に力を入れました。

事業に特有の顕著な人権問題の特定

SGホールディングスグループでは、物流・運輸事業における人権リスクには以下の項目が含まれると認識しています。

  • 従業員における安全衛生
  • 事業場内の安全衛生
  • 事業場内における強制労働

人権上のリスクと影響を検証するためのステークホルダーエンゲージメント

SGホールディングスグループは、ハラスメントに至る原因の特定と予防・防止に向けた対応について、従業員間でグループワーク形式の意見交換を行う教育を実施しており、ハラスメントによる人権侵害の撲滅を目指しています。

企業の慣行への人権尊重のコミットメント

SGホールディングスグループは、人権尊重や従業員の倫理・規範に関する方針を「倫理・行動規範」に定め、社内イントラネットに掲示し、周知を図っています。また、方針の正しい理解や認識を醸成するため、全従業員に対して定期的な教育を実施しています。また、入社時研修にも取り入れ、人権侵害の防止に努めています。


個性・多様性を尊重した組織づくり