SGH

安全・安心なサービスの提供

社会課題に対する認識

国土交通省によると2019年の日本国内の交通事故発生件数は約38万件、この事故による負傷者は46万人でした。いずれも減少傾向にあるものの、交通事故が社会に及ぼす影響は決して小さくありません。SGホールディングスグループは公道を使用して事業を行っており、交通事故の撲滅は無視できない課題です。

また、約95,000人を超えるSGホールディングスグループ従業員にとって、労働安全衛生の確保は重大な責務です。さらに日本ではデータ改ざんなどの品質に関わる不正が相次いだことから、お客さまに対する責任が改めて問われています。安全・安心なサービスは品質に裏付けされて初めて提供できるものです。これまで以上に真摯な取り組みが必要だと考えます。


安全・安心なサービスの提供