SGH

個性・多様性を尊重した組織づくり

社会課題に対する認識

国際社会では国連による持続可能な開発目標「SDGs」であらゆる差別や不平等の撤廃が掲げられています。また我が国においては少子高齢化による急速な労働人口減少を背景に、多様な人材がより一層活躍できる社会の仕組みを築くことが至急の課題です。そして一企業に対しても性別や国籍、人種、障がい等にかかわらず、それぞれが十分に能力を発揮し、就労を通じてより輝けるような環境の整備が求められています。

SGホールディングスグループは事業や企業の存続・発展のため、あらゆる不平等を取り除き、人権尊重への取組みを進めること、また世界中の多様な従業員が活躍できる制度や風土醸成が必須であると認識しています。従業員だけでなくバリューチェーン全体を通じた幅広いステークホルダーの人権尊重を推進し、女性の活躍をはじめとするダイバーシティ&インクルージョンの推進や雇用・労働システムの構築、働き方改革の推進によるワークライフバランスの実現等に取り組むことでよりよい社会づくりに貢献します。


個性・多様性を尊重した組織づくり