SGH

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する方針

SGホールディングスグループは、経営の考え方のベースとして「ステークホルダー経営」を掲げており、第1に「顧客」に対してサービスレベルの持続的な向上、第2に「従業員」とその家族の生活基盤の安定と向上、第3に「地域社会」に対して安全、環境、さらにさまざまな事業活動、社会活動を通じた貢献、第4に「株主」に対して企業価値の向上、第5に「お取引先」に対して公平・公正なお取引を行うことにより、さまざまなステークホルダーの期待に応える事業活動を推進しています。また、当該ステークホルダー経営の実現のためには、コーポレートガバナンスの充実・強化による透明性の高い経営管理体制の構築こそが最重要課題のひとつであるとの認識のもと、各体制整備を行っており、内部統制の指針としては「SGホールディングス内部統制基本方針」を定めています。

コーポレートガバナンスに関する体制

SGホールディングスは、純粋持株会社としてグループの経営体制のスリム化とスピード経営の実践に努めています。グループ全体の経営および業務執行の監督機能は取締役会が担っています。執行役員制度を導入し、経営の監督機能と業務執行を分離することで、権限と責任を明確化しています。監査役会を設置し、経営に関する監視および監査を行っています。経営環境の変化などに対応してさらなる経営管理体制の充実と事業基盤の強化を図り、透明性の高い経営の実践に努めていきます。

コーポレートガバナンスに関する体制図

取締役会

SGホールディングスの取締役会は、毎月開催される定時取締役会のほか、緊急の決議事項がある場合等必要に応じて臨時取締役会を開催しており、取締役会規程、職務権限規程等の各社内規程に基づき、SGホールディングスグループの業務執行全般の意思決定および各取締役の経営執行状況の報告を行っています。また、取締役会には、全ての監査役が出席し、取締役の業務執行の状況を監視できる体制となっています。

監査役会

SGホールディングスの監査役会は、毎月開催される定時監査役会のほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しており、常勤監査役による業務監査の報告や、取締役会議案の事前協議等を実施しています。また、監査役は取締役会に出席し、その立場から必要に応じて意見を述べる等、取締役の業務執行状況を常に監査・監督しています。加えて、常勤監査役は、社内状況や経営に対する理解を深めることを目的に、取締役会以外の各種会議体においてもオブザーバーとして参加し、監査の環境整備および社内の情報収集に積極的に努め、かつ、内部統制システムの構築および運用の状況を日常的に監視し、客観的な意見表明、助言を行っています。

その他会議体

社外役員

SGホールディングスでは社外取締役と社外監査役を選任しています。主に経営・事業戦略についての専門的見地から必要な発言を行うことで、取締役会の意思決定の適正性を向上させる役割を担っています。また、SGホールディングスの社外監査役は、財務・会計に関する高い知見を有する公認会計士および法律に関する高い知見を有する弁護士が就任しており、高い独立性を保持しつつ、専門的見地より取締役の意思決定、業務執行の適法性について、厳正な監査を行っています。なお、各社外取締役および社外監査役とSGホールディングスとの間に取引関係その他利害関係はありません。またSGホールディングスでは、社外取締役または社外監査役の選任にあたっては、経歴やSGホールディングスとの関係を踏まえて、SGホールディングス経営陣から独立した立場で社外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しています。

監査

監査役監査

取締役会をはじめとする重要な会議に出席するほか、グループ各社および事業所への往査を行うこと等により、実効性のあるモニタリングを行っています。また、監査職務の遂行にあたってはSGホールディングスおよび子会社各社の内部監査担当部門並びに監査役と緊密に連携をとることで、効率的な監査の実施に努めています。

内部監査

SGホールディングスにおける内部監査は、SGホールディングスの独立した組織として内部監査部を置き、総合内部監査規程に基づきSGホールディングスグループの財産の保全および経営効率の向上を図ることを目的として総合内部監査を実施しています。監査の結果については、代表取締役および監査役に対して報告するとともに被監査部署に対して改善指示・助言・提案を行っています。また子会社のうち佐川急便株式会社等の一部の会社につきましては、SGホールディングス内部監査部による監査に加えて、各社の内部監査部門が適宜監査を実施しています。

会計監査

SGホールディングスは監査法人と監査契約を締結し、同監査法人は年間監査計画に基づき会計監査を実施し、SGホールディングスはそれに基づき報酬を支払っています。


責任ある経営基盤の構築