SGH

方針・体制

環境に関する方針

SGホールディングスグループは、持続可能な社会の実現に向けて「環境理念・環境方針」を掲げ、事業を通じたCO2排出量削減や3R推進活動、生物多様性の保全、次世代への環境教育などを行っています。また、国や自治体、企業と協働した環境への取り組みも推進しています。私たちは、業界のリーディングカンパニーとして積極的に環境負荷低減に取り組み、社会インフラとしての責務を果たしていきます。

環境理念

SGホールディングスグループは、社会と自然との共生を図りつつ、地球環境に配慮した事業活動を推進し、自主的で継続的な環境経営に取り組みます。

環境方針

地球温暖化の防止

環境に配慮した商品・サービスの提供や省資源・省エネルギー活動を通じて、事業活動におけるCO2排出量を削減し、地球温暖化の防止に取り組みます。

汚染の防止

事業活動における大気汚染、水質汚染および土壌汚染などの防止に努めます。

3R※の推進事業

活動において、グループ全社が3Rを一層推進し、持続可能な社会に貢献します。

Reduce(ゴミの発生抑制)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)の頭文字をとって3Rと呼ばれています。

環境教育の取り組み

グループ全従業員を対象に環境負荷低減や自然環境の保全・再生に向けた環境教育を行い、環境問題への意識向上に努めます。

環境コミュニケーションの取り組み

地域との相互理解を目指し、積極的な情報開示に努めるとともに、次世代を担う子どもたちを主な対象として、広く環境コミュニケーションに取り組みます。

体制

CSR委員会

SGホールディングスの取締役が出席するCSR委員会を四半期に1回実施し、サステナビリティに関する活動方針や取り組みについて議論および情報共有を行っています。また、一部事業会社(SGリアルティ、SGムービングなど)においても、それぞれCSR委員会を開催しています。

CSR担当者会議

グループ各社においても、CSR担当者を設置し、年2回(上期・下期)グループCSR担当者会議を開催して、取り組みの情報共有や勉強会などを実施することにより、環境負荷低減に向けた活動を推進しています。

CSR担当者会議出席者

会社名 担当部署
SGホールディングス 総務部 PR・CSRユニット
佐川急便 CSR推進部 環境課
SGモータース CSR推進室
その他のグループ会社 管理・総務関連部署

環境データ管理体制

SGホールディングスグループでは、SGホールディングスが、国内および海外分の環境データを集計し、それに基づき各社で環境負荷低減に向けた取り組みを推進しています。
国内の環境データについては、同一システムを用いて一元管理し、海外では会社ごとに管理を行う体制を構築しています。

  • 国内:燃料・電気・水に関する帳票をシェアードサービス事業を担うSGエキスパート※へ集約。
  • 海外:同様の帳票を事業会社ごとにそれぞれ集計。

環境データ集計フロー図

2020年10月1日より、SGエキスパートはSGシステムに統合

以下についてはリンク先のESGデータブックをご確認ください。

  • 環境マネジメントシステムの取得状況 P3
  • LCA(ライフサイクルアセスメント)の状況 P3
  • 環境関連の罰金・違約金の状況 P3
  • 汚染防止の目標 P9
  • 化学物質の排出量 P9

環境に配慮した事業推進