SGH

労働安全衛生

従業員の健康に関する方針

グループ共通の「安全衛生規程」を制定し、従業員の健康の確保、快適な職場環境の形成・促進を図っています。

また、従業員・派遣社員に対して健康を維持するための健康管理やストレス管理に関する教育を実施しています。

従業員の健康に関する体制

SGホールディングスグループは、SGホールディングスグループ健康保険組合と協働して、従業員の健康増進・疾病予防のために健康管理事業推進委員会を年2回開催しています。

従業員の健康に関する目標と実績

中長期目標

バウンダリ 中長期目標
SGホールディングスグループ(国内) 全被保険者のBMI25以上の割合を2023年度末までに23.0%以下とする

単年度目標

バウンダリ 2021年度 2020年度
基準年 目標値 期限 基準年 目標値 期限 実績
SGホールディングス
グループ(国内)
2020年度 24% 2022年
3月31日
2019年度 全被保険者のBMI25以上の割合を2020年度末までに24.5%以下とする 2021年
3月31日
27.5%

従業員の健康に関する取り組み

病気の予防と健康づくり

SGホールディングスグループは健康保険組合とともに、国内被保険者全員に対して以下のような取り組みを行っています。

取り組み 内容 対象者 費用 備考
ヘルスチェック 会社が行う定期健康診断に健康保険組合で生活習慣病検査を合わせたオリジナル健康診断を年1回実施。 全員 無料
肥満予防対策 ・特定保健指導の実施徹底(SGスマートプログラム)
・生活習慣病予防キャンペーン
全員 無料 SGスマートプログラムの2019年度実施率36.4%
重症化予防対策 高血糖や高血圧のコントロール不良者に向け、電話による健康相談や保健指導、適切な医療機関の情報提供等、個別に実施 健康診断で該当した者 無料
各種検診 ・郵送大腸がん検診 ・郵送ピロリ菌検査 希望者 無料
・子宮頸がん検診 ・乳がん検診 ・骨密度検査・前立腺がんPSA検査 ・インフルエンザ予防接種 一部補助金有
禁煙推進 ・禁煙支援(肺年齢測定や禁煙相談) 希望者 無料
ストレスチェック ・年1回実施 全員 無料
健康ダイヤル24 ・外部専門期間による相談窓口。希望者は臨床心理士によるカウンセリングを実施。 希望者 無料

労働安全に関する方針

グループ共通の「安全衛生規程」を制定し、労働災害の防止や安全確保に関する取り組みを推進しています。

また、従業員・派遣社員に対して職場労働安全の確保や安全衛生に関する教育を実施しています。

労働安全に関する体制

職場の安全衛生については、各事業所の規模に合わせて体制を整えています。例えば常時50名以上の従業員などを使用する事業所には安全衛生委員会を設置し、毎月開催する委員会で従業員の安全や労働時間の問題を話し合い、具体的な施策をそれぞれの事業所で検討・実施しています。

安全衛生委員会(例:佐川急便)

労働安全に関する取り組み

SGホールディングスグループは労働災害の実態を正確に把握することが労働安全衛生の改善に最も重要であると考えています。そのため隠ぺいの動機となりうる労働災害の絶対数だけにこだわる目標は掲げていません。

そのかわりに「死亡・重篤災害ゼロ」を目指し、各グループ会社の安全所管部署が中心となって労働災害に対する対策を行っています。

労働災害件数(国内グループ合計)

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
不休 497 571 468 599 583
休業 380 380 397 567 608
合計 877 951 865 1166 1191

集計範囲:国内グループ会社の従業員と派遣社員

以下についてはリンク先のESGブックをご確認ください。

  • 度数率 P12

安全・安心なサービスの提供