SGH

中期経営計画

SGホールディングスグループは、2020年3月期から2022年3月期までの中期経営計画「Second Stage 2021」策定しました。

1.中期経営計画「First Stage 2018」の振り返り~成果と課題~

成果

  • 総合物流ソリューションの提供
    • 先進的ロジスティクスプロジェクトチーム「GOAL」の取り組みを本格化
    • グループネットワークを活用した宅配便以外の付加価値輸送サービスTMSの拡販
    • ㈱日立物流との協創プロジェクトによる、デリバリー・ロジスティクスを融合したサービス
  • リソースの強化〜働き方改革と輸送インフラ強化を推進〜
    • 適正運賃収受を背景に、働き方改革と輸送インフラ強化を推進
    • 時間外労働時間の短縮、定着率向上、人員増強、輸送品質の安定化を表現

課題

  • さらに進化した総合物流ソリューションの提供
  • 経営基盤の強化〜獲得したリソースを最大限に活用する仕組み・組織づくり〜

2.中期経営計画「Second Stage 2021」の環境認識

人手不足
生産年齢人口の継続的減少により人手不足は深刻化。労働需給の逼迫が継続
EC市場の成長による環境変化
EC市場の成長を背景とした、国内デリバリー市場・サプライチェーンの変化
アジア市場の成長
アジア新興国の急速な成長に伴い、ボーダレス化が進行。新たな事業機会が増加
ガバナンス高度化
コーポレートガバナンス・コンプライアンス体制高度化への要請の高まり

eコマース市場の成長を背景とした国内デリバリー市場やサプライチェーンの変化、またアジア新興国の急激な成長によるボーダレス化の進行といった物流を取り巻く環境の変化は、新たな事業機会を得られるチャンスです。一方で、生産年齢人口の継続的減少による人手不足の深刻化といった課題に対処する必要があります。また、コーポレート・ガバナンス体制、コンプライアンス体制の高度化は継続的に取り組むべき事柄です。

3.中期経営計画「Second Stage 2021」の位置付け

Second Stage 2021の位置づけの図

First Stage 2018は、人材・ネットワークの強化を中心に、国内外を含め「リソースの強化」を行いました。

Second Stage 2021は、First Stageの成果を受け、これらのリソースを活用するための仕組みづくりを行う、「経営基盤の強化」のための3年間と位置付けております。中長期を見据え、持続的成長に向けた投資を行っていきます。

4.中期経営計画「Second Stage 2021」経営戦略

First Stageの成果・課題と現在の経営環境を踏まえ、Second Stage2021では6つの経営戦略を掲げました。

(1)グループ総合力の結集による進化した物流ソリューションの提供

重点施策

  • グループ一体となったビジネスモデルの確立
  • 物流領域の拡張と付加価値創造の推進
  • GOAL体制の拡大及びアライアンスの強化

(2)経営資源の価値最大化による成長基盤の確立

重点施策

  • 人材の積極的な活用・適切な配置を通じた組織基盤の強化
  • 従業員待遇のより一層の向上と魅力のある職場環境の整備
  • Xフロンティアプロジェクトをはじめとしたネットワークの拡大

(3)デジタル化の推進と最新技術の導入による効率化・顧客利便性の追求

重点施策

  • 新技術導入による業務の効率化・省力化を推進
  • デリバリー事業を中心としたデータ蓄積等のリソース有効活用
  • 顧客サービス強化を目的としたIT投資

(4)グローバル物流事業における顧客基盤拡大と高いプレゼンスの発揮

重点施策

  • エクスポランカを軸としたグローバルネットワークの拡大
  • GOALを中心とした成長市場への展開
  • アジアを中心とした収益基盤の拡張

(5)組織・人材の課題解決力の高度化による競争優位性の創出

重点施策

  • フラットな企業風土の醸成によるコミュニケーションの活性化
  • 競争優位につながる新たな価値を創造する人材の育成
  • 常に改善・挑戦を続ける活力のある組織づくり

(6)経営管理体制の一層の強化及びステークホルダーの満足度向上

重点施策

  • コーポレート・ガバナンスの一層の強化
  • 社会を支える物流企業としてSDGsへの貢献
  • 持続的成長に向けた投資と安定した株主還元の両立

5.中期経営計画「Second Stage 2021」経営目標

2020年3月期
実績
2021年3月期
実績
2022年3月期
業績予想
(2021年7月30日現在)
前期比
営業収益 11,734 13,120 13,450 102.5%
営業利益
(営業利益率)
754
(6.4%)
1,017
(7.8%)
1,140
(8.5%)
112.1%
経常利益 805 1,036 1,155 111.4%
親会社株主に帰属する
当期純利益
472 743 790 106.3%
EBITDA 968 1,281 1,440 112.4%

6.配当方針

基本方針

将来の事業展開と経営体質の強化に必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続すること

目標

連結配当性向:30%

(1株当たりの配当金の推移(1))2019.3期20.5円、2020.3期22.0円、2021.3期35.0円(2)、2022.3期(予想)38.0円

※(1)2020年11月1日に実施した株式分割(1株につき2株)考慮後の金額

※(2)2020年9月25日発表の特別配当10円を含む(グラフの数値は株式分割考慮の5円を反映)

中期経営計画「Second Stage 2021」の詳細は、「中期経営計画「Second Stage 2021」策定について」をご覧ください。

PDF形式のファイルをご覧になるには、アドビ株式会社のAdobe Acrobat Readerが必要です。