SGH

トップメッセージ

急激に変化する社会環境に柔軟に対応し、
社会から必要とされる総合物流企業として
持続的な成長を目指します

ニューノーマル時代を拓く

株主の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症(以下、感染症)の拡大が招いた未曽有の事態は、社会、経済、そして私たちの生活に、大きな変化をもたらしています。人々の購買行動も例外ではなく、店舗で直接商品を手に取り購入する形から、インターネット等を介した通信販売へと大きく転換し始めております。

このような変化により物流業界では、個人宅への配達を中心に、宅配便の取扱個数が増加いたしました。また、非対面、非接触での荷物の受け取りを希望する声を多数いただく中、配達場所を指定できたり、在宅していながら非対面で荷物を受け取れたりと、配達方法もお客さまのニーズにお応えすべくさまざまな工夫をこらしてまいりました。コロナ禍により人々の行動が制限される中で、物流はより高度で複雑なオペレーションを求められており、ビジネスチャンスが拡大していると認識しております。

SGホールディングスグループでは、2021年3月期、主力商品である飛脚宅配便の取扱個数が大幅に増加する中、次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」の中継センターが稼働を開始いたしました。これにより、当初計画していた年間取扱個数から9,000万個程多い荷物を、安定した品質でお届けすることができました。また、社会インフラを支えるエッセンシャルワーカーとしての使命を全うするために、検温や消毒など感染症の予防を徹底し、持続可能な社会の構築に貢献してまいりました。

今後も、急激に変化する社会環境に柔軟に対応し、社会から必要とされる総合物流企業として持続的な成長を目指します。

株主の皆さまにおかれましては、一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

SGホールディングス株式会社
代表取締役会長 兼 社長

栗和田栄一