SGH

総合物流ソリューションによる新しい価値の創造

社会課題に対する認識

トラック、鉄道、海運、航空、倉庫など、日本の物流事業全体の市場規模は約23.9兆円で、このうち、トラック運送事業の市場規模は約14.4兆円(2017年度)といわれるなど、SGホールディングスグループのビジネスは社会に欠くことができない機能のひとつです。一方、物流事業は国内での少子化・高齢化による人手不足、新興国における発達途上の物流網、そして、世界的な環境負荷低減への要請の高まりなど、さまざまな社会課題に直面しています。

SGホールディングスグループでは、物流の効率化とITや機械の活用による省力化を通じて、人手不足や気候変動の課題に取り組むことは社会インフラを担う事業者としての責務だと考えています。また、国際一貫物流や特殊配送など、強みであるオーダーメイドのサービスを提供することで、お取引先と連携して社会に新しい価値を提供していきます。


総合物流ソリューションによる新しい価値の創造