SGH

汚染防止

⽅針・体制・取組み

汚染防⽌に関する⽅針・体制・取組み

目標

佐川急便では2020年度末までに軽油を燃料とする車両総重量が3.5トンを超える車両からのNOx排出量を2015年度と比較して3.0%削減する目標を設定しています。(対象地域:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)

化学物質の排出量

単位 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
窒素酸化物(NOx) kg 543,486 479,013 403,468 319,585 265,585
粒子状物質(PM) kg 17,007 13,456 9,667 6,259 4,988
硫黄酸化物(SOx) kg 0 0 0 0 0
揮発性有機化合物(VOC) kg 0 0 0 0 0

集計対象は佐川急便にて使用する車両(軽車両を除く)。換算係数は、国土交通省の「自動車使用管理計画報告書」にて使用される係数を使用