佐川グローバルロジスティクス株式会社

石田真子

新卒/中途
新卒入社
出身学部
教育学部
所属部署・役職
営業部 営業推進課
石田真子

入社を決めた理由

私が就職活動を始める前年に、東日本大震災が発生したことが大きな動機となりました。東日本大震災が起きた日、食べ物を確保しようとコンビニエンスストアへ行ったところ、陳列棚に食べ物が全くない光景を目の当たりにしました。その際、物流が止まるということは生活に大きな影響を与えるのだと実感し、以後物流業界に興味を持ちました。
また、韓国に留学した際、現地で使い慣れた日本の商品を購入することができました。物流は国内だけで完結するものではなく、世界を網羅していることから、広い範囲でビジネスチャンスがあると感じたことも、物流業界に興味を持ったきっかけです。

現在の仕事内容・やりがい

現在は医療関連のお客様への物流ソリューションを企画しております。化粧品、医薬品、医療機器は、薬事法に従った保管や輸送を行う必要があり、私の課では、薬事法に沿った最適な物流提案が出来るよう、知識を習得しながら、医療業界のお客様向けの物流スキームを企画しています。
例えば、輸入化粧品を日本の市場に出すには、成分ラベルを日本語表記に貼りかえなければなりません。この作業も弊社の倉庫内で行っています。このような作業について、営業担当の社員と提案内容を調整し、お客様のところへ伺いご提案することがあります。また、医療業界のお客様の物流課題をヒアリングし、お客様と共同で新たなスキームの企画も行っています。

お客様に「やっぱり佐川さんはいつでも迅速に対応してくれるので信頼できますね」という言葉を頂いた時がとても嬉しく、この言葉を思い出す度に「頑張ろう!」と前向きになることが出来ます。
ある化粧品メーカーのお客様から、倉庫内で商品保管するだけでなく、製造工程の仕上げに関わる作業も行ってほしいという依頼をいただきました。依頼を頂いただけでなく、お客様の工場に私を含め佐川グローバルの社員を招いてくださり、短期間の製造業研修をしてくださいました。提案内容を考えるうえで大変勉強になり貴重な機会となりました。