SGホールディングス株式会社

万中麻美

新卒/中途
新卒入社
出身学部
商学部
所属部署・役職
経理部 経理ユニット
万中麻美名

入社を決めた理由

社会のインフラに関わる仕事がしたい、と漠然と考えていた際に就職活動支援サイトから説明会案内メールを受け取りました。SGホールディングス自体が設立したばかりの会社と言う事で、新設会社らしい熱意と挑戦心が随所に感じられる説明会でしたが、特に魅かれたのは、新卒でありながら管理部門に携わる事ができ、経営者との距離感が非常に近いという点でした。入社してからもその印象は変わらず、若手の意見でも新しいアイディアを積極的に吸上げようとする姿勢、変革し続けようという社風は素晴らしいと感じています。

そもそもインフラに携わりたいと思ったのは、何かしら後世に残る仕事がしたいからという理由でした。物流業もインフラであり、常に時代に合わせて進化し続けるSGホールディングスグループでなら、未来につながる仕事ができると確信しています。

現在の仕事内容・やりがい

現在、私は経理部で連結決算業務を担当しております。経理と聞いて、毎日ひたすらパソコンと数字ばかりの資料を睨み付けながら電卓を叩いている…そんなイメージを抱く方は多いのではないでしょうか。間違いではないですが、真実でもありません。経理とは、端的に言えば会社のドクター的存在だと私は考えております。

会社にとってのカネとは人間にとっての血液のようなもの。会社の生命そのものであるカネの動きを逐一観察し、活動内容と資金の動きが一致していないと見れば「さて何か異常があるのかな?」と目を光らせ、逆に資金の集中具合を見て「ああ今はこの事業に力を入れているんだな」と頷く。現状が健康であるかどうかだけでなく、将来の状態まで予測し、コレステロールが高いから塩分は控えるようにと忠言する医者の如く「利率が低下気味なのでコストを見直しましょう」と提案する、それが有能な経理マンの姿です。

私はまだまだ未熟者ですが、先輩や上長の指導のもと最近ようやく数字の動きを追えるようになってきました。そうなると面白いもので、数字が生き物のように会社について多くの情報を語っている事に気づき、本社の片隅にいながら世界中の支社の状態が具体的に見えるような気がしてきます。有能な経理マンになる道は生半可なものではないでしょうが、これほど面白く勉強できる部署もないでしょう。入社したての新卒に経理の連結業務を経験させてくれた会社に感謝しています。

これからの目標・学生へのメッセージ

物流と言うのは様々な側面、可能性を持ったサービスです。B to C市場やB to B市場と言う言葉で表されるビジネス的な側面、被災地に支援物資を運搬する等といったライフラインとしての側面。メインで挙げられるのは上記2点でしょうが、ここで取り上げたいもう1つの側面は、Businessの対義語、“For pleasure”としての一面、社会のために必要不可欠な物流以外の可能性です。言いかえれば、物流の新たな付加価値とも言えるサービスについての話です。

現在、運送業が提供する付加価値は様々なものがあります。身近な例を挙げれば、時間帯運送や代金回収、冷凍運送等、今では当たり前のように多様なサービスが提供されています。こうしたサービスの大半はお客様の要望に沿う形で生まれてきたものです。必要とされ、それに応える形で物流技術は進歩してきた結果、既に世にある大半の需要は網羅され、成熟した物流サービスが出来上がりました。ではこれで物流業のスタイルは完成されたのかと問われれば、それは違うとなるでしょう。会社は常に変革し、成長していかなければ存続できません。当グループも同様で、新たな可能性を模索しています。商業や社会生活のため必須とされるサービスから、お客様のライフスタイルに価値をプラスできるような、“pleasure”を提供できるようなサービスを開発しようと試行錯誤しております。だからこそ、SGホールディングスグループは新しいアイディアや柔軟な発想に対して寛容なのです。

物流の未来について考える事は、新しいライフスタイルについて考える事と同様だと私は思います。当グループも個人の生活の充実が会社の成長にもつながる事を認識しているからこそ、挑戦しようとする社員の後押しをしてくれます。こんな社会にしたい、どんどん挑戦してみたい、という夢や希望をお持ちの学生さんには是非とも入社して頂き、変革を起こしていってください。