佐川急便株式会社

小牧大悟

新卒/中途
新卒入社
出身学部
ビジネスマネジメント学部
所属部署・役職
関東支店 東京営業所 営業課
小牧大悟

入社を決めた理由

昔々、毎日元気に挨拶をして爽やかな笑顔で配達しているドライバーがいました。その方はいま私が働いている佐川急便のドライバーでした。雨の日でも、暑い日でも嫌な顔をせずに毎日配達をしている姿を見た瞬間にそのドライバーのファンになりました。 これが私の佐川急便との出会いでした。

学生時代から身体を動かすことが好きだったので身体を動かせる仕事をしたかったことと、縞シャツを着てみたいという憧れがありました。また、物流関係の仕事は決して世の中からなくなることのない仕事であり、働くなら会社の規模や成長性の高い佐川急便で働きたいと思いました。そしてなにより一番の魅力を感じたのは、社員一人ひとりがとても明るくイキイキと仕事をしていたことで、それが最大の志望理由でした。

現在の仕事内容・やりがい

入社当初は宅配エリアの月島を担当しました。宅配ではお客様のご指定された時間帯をしっかりと守り、尚且つお客様から再配達を頼まれた時は出来る限りお客様のご要望にお答えできるよう心がけていました。そのおかげでお客様に名前と顔を覚えてもらい差し入れなどをいただくようにもなりました。

入社して3年目には銀座へ異動になりました。銀座は販売店が多い商業エリアなので営業をしなければと思うものの、営業経験が少なく悪戦苦闘しました。そこでいま私が出来ることをしようと思い、元気な挨拶と笑顔で配達を意識し業務を行いました。
当初は「佐川さん」と呼ばれていましたが、お客様の様々な相談に応じていくうちに「小牧さん」と名前で呼んでいただけるようになりました。そこから少しずつではありますが営業活動もうまくいくようになりました。

もっと多くのお客様に信頼していただき「小牧さんに任せたら安心!」と言ってもらえるように日々頑張っています。

これからの目標・学生へのメッセージ

学生の皆さんの中には、佐川急便は大変、体力がないとついていけない、とイメージしている方もいるかもしれません。正直、私も最初はそう思っていた一人です。しかし入社していざ業務に携わると、体力勝負ではなくお客様とのコミュニケーションをとることがいかに大切かということを学びました。最近では女性社員も年々増えてきており、体力に自信がない方でも働ける環境になってきました。わからないことや失敗をしても先輩、上司が優しく丁寧にアドバイスやフォローなどをしてくれます。ですから失敗を恐れずに挑戦する気持ちを持ち続けることが大事です。また自分が頑張った分だけ評価されるので、高いモチベーションを持ち続け、「先輩社員をどんどん抜かしてやる」という強い向上心を持った人と一緒に働けることを楽しみにしています。