佐川グローバルロジスティクス株式会社

嶋崎太郎

新卒/中途
新卒入社
出身学部
文理学部
所属部署・役職
物流ソリューション部ロジスティクスエンジニアリング課
嶋崎太郎

入社を決めた理由

私は他の人から必要と思われる存在になりたいと昔から考えていました。

様々な企業を研究していると、どの企業にもなくてはならない存在なのが物流ということを知り、その物流業の重要性に次第に興味を持つようになりました。

いくつかの企業の説明会に参加しましたが、佐川グローバルロジスティクスは物流を数字に置き換えて分析するロジスティクスエンジニアリングに力を入れているという事を聞きました。

大学で数学を専攻しており、そこで培った考え方や手法を活かせると考え、入社を決意しました。

現在の仕事内容・やりがい

現在所属するロジスティクスエンジニアリング課では新規案件のサポートと既存現場の業務効率化という2つの業務があります。

新規案件のサポートとはサービスレベルを向上させたい、物流コストを下げたいといった課題を持つ荷主様よりデータを頂き、そのデータを元に分析し、どのようなご提案が出来るか当社の営業担当者と共に考えます。また、入荷・加工・出荷等をどういうフローで進めて行くかというような業務設計も行います。 既存現場の業務効率化では既に当社が受託している荷主様の物流センターを今以上に効率化を図るというのが目的になります。例えばビデオサンプリングという各業務内容をビデオ撮影し分析する手法を用いて課題を抽出し、改善します。

どちらの業務も効果を試算し、プランを立て実行するという流れになります。その試算・計画通りに問題なく業務が進んだ時にやりがいを感じる事が出来ます。

ロジスティクスエンジニアリング課では、現場管理者や営業担当者またはお客様など、様々な立場の人と業務を行うことが多く、色々な意見が出ます。その中でどれがベストな答えなのか客観的に判断したり、計画通り業務を進めていく為には緻密なデータ分析が必要です。私にはまだ考え足りない所があり、上司や先輩社員に助けてもらう場面が多々ありますが、問題が発生しないか常に疑問を持って行動することで業務をスムーズに進めていこうと努めています。

これからの目標・学生へのメッセージ

今はまだ倉庫内の業務設計や業務効率化など狭い範囲で物事を考えている所が私にはあります。ただ、物流全体で見ると倉庫内はほんの一部でしかありません。お客様にとって本当に最適な物流を提案していくには調達から配達までの知識を持つ必要があり、その知識を得られる環境がSGホールディングスグループにはあります。今後、その知識を増やし、お客様にとってメリットのある提案が出来るようなサービスを生み出していきたいと考えております。

新しいものを生み出すには新しい考えをもった人材が必要です。

今ある物事に囚われず前向きにアイデアを考え、実行したいという方は是非応募していただきたいと思います。