Career Development キャリアについて Career Development キャリアについて

0\キャリアの特徴

SGホールディングスでは、グループの成長を加速させる人材の採用・育成に注力しています。幅広い事業領域で広い視野と知識を身につけ、主体的にキャリア形成ができるようサポート体制を組んでいます。

キャリアプラン

SGホールディングスグループの事業領域で志向や適性に合ったキャリアプランを自ら描いていただきます。

ウェブサイト掲載者のキャリア例

Masato Nishi Masato Nishi
デリバリー領域
Ikuo Dejima Ikuo Dejima
ロジスティクス領域
Mami Yoshimura Mami Yoshimura

財務領域

IR領域

Ayame Oda Ayame Oda

ロジスティクス
領域

デリバリー
領域

Kazuki Nishi Kazuki Nishi
デリバリー領域
キャリアビジョンをしっかりと描き、目指す将来像に応じたさまざまな経験を積むことで物流のプロとして活躍していただきます。1社で専門性を磨く場合や複数社で視野を広げる場合もあります。(ソリューションコース/コーポレートコースの異動は基本的にありません)

キャリアを支援する制度や研修

キャリア面談
人事との面談で、日々の業務についての要望や悩み、今後挑戦してみたい仕事などについて話す場を定期的に設けています。ご自身の志向を伝えるとともに、今後のキャリアを主体的に考え、生かすことが目的です。
社内ベンチャー制度
社員からビジネスアイディアを募集し、プレゼン形式での最終審査を経て、優れた提案を事業化する制度です。「①新規事業の創出、育成の積極化」、「②起業家精神、新規事業立ち上げ経験を有する人材の育成、チャレンジマインドの醸成」を目的に、2014年度から年1回開催されています。
SGHグループ海外研修
「海外において日本とは異なる文化や慣習、価値観に触れることによりグローバルを実感する」「考え方や価値観が異なるメンバーとチームを組むことによりお互いの意見をぶつけながら、コミュニケーションやリーダーシップを学ぶ」を目的とした研修です。
約2週間の研修では現地でフィールドワークやビジネスパーソンとの交流などを通じて「アジアを代表する総合物流企業グループへ」という経営理念について語り合うことや、「海外で活躍人材に成長するためには何が必要か」を議論し合うなどして、今後の自身のキャリアについて何が課題で何を目標とすべきかをコミットメントします。
開催国:中国、香港、ベトナム、タイ、インド、スリランカ(2018年実績)
評価・昇格
(グループ採用者の大半はグループ内の各事業会社に出向という形で配属されますが)共通の尺度で評価・昇格が行われます。
業績評価:半期ごとに目標を立て、それに対する達成度を測る
行動評価:等級ごとの行動基準を満たしているかを測る
昇格審査:行動評価が制度上の昇格条件を満たした場合、審査を経て昇格となります
学びを支援する制度
新入社員研修
およそ1カ月の集合型研修で、「ソリューション研修」と呼ばれる実戦的なプログラムを行います。グループ企業の持つリソースを活用していかに課題を解決するか議論し、社会人基礎力を高めるとともに、多様なビジネスケースに対応できる力を養います。
また、さまざまなグループ会社を見学し、当グループの幅広い業務に対する理解を深めていただくことで、キャリアを重ねるうえでの基礎づくりも行っていただきます。
OJTトレーナー制度
配属後は、新入社員一人一人にOJTトレーナーがつき、みなさんの業務をサポートします。
継続してコミュニケーションをとり指導を行うことで、新入社員が相談しやすく安心できる環境です。
フォローアップ研修
入社後の2年間、定期的に同期入社の社員を集め、成長をフォローする研修です。講義や面談、ディスカッション、グループワーク等を通じて、ビジネスで強みとなる知識を増やすことと同期間の交流での刺激を目的としています。
企業内大学(SGH University)
<自由集合型研修>
外部講師による講義や所属会社や立場の異なる参加者同士のディスカッション等を通じて、ビジネスに役立つスキルを習得いただける研修です。テーマは自身の志向に基づき、選択できます。
テーマ例:マーケティング、企業会計、経営戦略、交渉スキル、ロジカルシンキングなど
eラーニング
自身が必要とするスキルを、時間や場所の制限なく空いている時間を利用して、ご自身のペースで効率的に習得できます。
テーマ例:社会人基礎、コミュニケーションスキル、マネジメントスキル、English Contentsなど