このページの先頭です

サイト内の現在位置

ここから本文です

ディスクロージャーポリシー

1. 基本方針

当社は、「信頼、創造、挑戦」という企業理念の下、株主、投資家、顧客、取引先、従業員、地域社会をはじめとする多様なステークホルダーの皆さまとの信頼関係を維持・発展させるため、透明性の高い経営の実現を目指し、積極的に情報開示を行うことを基本方針としています。

2. 情報開示の基準

当社は、ステークホルダーの皆さまからの高い情報開示ニーズに応えるため、金融商品取引法等の法令、東京証券取引所の定める適時開示規則(以下「開示規則」という。)及び「フェア・ディスクロージャー・ルール」を遵守し、公平で透明性の高い情報開示を適切に行います。また、開示規則の基準に該当しない情報であっても、ステークホルダーの皆さまが当社の経営方針や事業内容等を理解いただくために有用と考えられる情報については、積極的かつ公平に開示します。

3. 情報開示の方法

当社は、開示規則に該当する情報について、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)及び金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)を通じて公開しています。また、必要に応じて開示後速やかに当社ホームページにその内容を掲載し、日本語と合わせて英語での開示に努めるなど、より多くのステークホルダーの皆さまに対して、正確かつ公平に当該情報が伝達されるよう配慮します。

4. インサイダー取引の未然防止

当社は、内部情報の適切な管理及び株式などの売買について遵守すべき基本事項を「SGホールディングス インサイダー取引防止規程」に定め、インサイダー取引規制の周知徹底と株式売買に関する適切な管理体制によりインサイダー取引を未然に防止します。

5. 沈黙期間について

当社は、決算情報の漏えいを防止し、開示の公平性を確保するため、決算期末日(四半期決算を含む。)から決算発表までを沈黙期間とし、決算の内容や業績見通しに関連するコメントや質問に対する回答を差し控えます。ただし、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合は、開示規則に基づき適宜開示します。

6. 将来予想について

当社が開示する情報のうち、計画、見通し及び戦略等、将来予想に関する情報については、入手可能な情報に基づき開示時点で合理的であると判断の上作成しており、経済動向、市場需要及び諸制度等に関わるリスクや不確実性を含んでおります。

このページの先頭へ

SGホールディングスグループの事業内容