このページの先頭です

サイト内の現在位置

地域社会発展への貢献

【社会課題に対する認識】

少子高齢化への対応、地方の活性化などが地域社会における喫緊の課題となっています。SGホールディングスグループは地域社会の持続可能な発展を実現するため、これらの課題に対して社会全体で協力し合うことが必要であると考えます。

【SGホールディングスグループのマネジメント】

個人のライフスタイルの多様化が進む中、地域社会における物流へのニーズも変化しています。SGホールディングスグループは、国内外のさまざまな地域で事業を展開している企業の責任として、地域ごとに異なる課題やニーズに合わせた物流システムを提案・構築することで、より良い地域社会との共生を目指しています。地域社会発展への貢献においては、「地域社会基盤への支援」「スポーツ活動を通じた地域交流」「学術・文化・次世代育成の支援」を活動テーマに掲げ、自治体や他企業と協働して安全・安心な暮らしを支援しているほか、高齢化社会に対応したサービスの提供や、「交通安全教室」をはじめとした子どもたちへの安全啓発活動などに取り組んでいます。また、新たに京都府ならびに山梨県と地域活性化に向けた包括的な協定を締結しました。今後、地域のインフラとしての物流の可能性をさらに高め、多様化する地域社会のニーズに応えることで、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

  • 有識者からのコメント
    一般財団法人CSOネットワーク 事務局長・理事 黒田 かをり 氏

    一般財団法人CSOネットワーク
    事務局長・理事
    黒田 かをり 氏

    SGホールディングスグループが他セクターと進める「地域活性化包括連携協定」や「SGローソン マチの暮らしサポート」などは、地域課題解決への貢献に加え、地域社会の新たなニーズに対応したビジネス展開など、物流サービスを活用した連携モデルとして注目しています。高齢者への支援や空き家の整理などは、安全・安心、利便性の面だけではなく、人と人とのつながりや思い出に配慮した取り組みとしても報告していただきたいと思います。

このページの先頭へ