このページの先頭です

サイト内の現在位置

CSR重要課題と目標・実績

SGホールディングスグループは、総合物流企業グループとしてお客さまに安全・安心な社会インフラを提供することが、事業活動の基盤であると認識しています。また、事業のさらなるグローバル化に伴い、地球規模で社会課題を捉え、環境や社会に配慮していくことがより一層重要となってきています。日本国内のみならず、グローバル基準で環境保全や人権の尊重、腐敗防止や地域社会への貢献等に取り組み、グループ全体でCSR経営を推進していきたいと考えています。
このような考えのもと、当グループでは、グループ全体の重要課題に加え、各事業会社でも重要課題ごとに活動テーマを設定し、各社でCSRを推進しています。また、CSR委員会の設置や担当者間による連絡会の実施等、グループ全体でのマネジメント強化にも力を入れています。
今後もグループ全体で実効性のあるCSR活動を推進していきます。

CSR重要課題の特定プロセス

2014年度にISO26000の7つの中核主題を軸に、SGホールディングスグループのCSR活動の整理と課題の洗い出しを実施しました。その上で、当社グループにとっての重要事項を抽出するため、各部門の責任者へのヒアリングを行い、CSR重要課題の試案を作成しました。次に、この試案の妥当性について、社外有識者との意見交換を行い、CSR重要6課題を設定しています。以降は四半期に一度実施されるCSR委員会にてグループ各社の取り組み進捗を確認するとともに、都度見直しを図っています。

このページの先頭へ