このページの先頭です

サイト内の現在位置

デジタル化の推進と最新技術の導入

デジタル化の推進と最新技術の導入に関する方針

少子化・高齢化に伴う急速な人口減少により、さまざまな業界で働き方の見直しやひとり当たりの生産性向上に注目が集まっています。物流業界でもEC市場における流通量の続伸やドライバーをはじめとする物流の維持に必要な人材の確保が年々難しくなってきています。SGホールディングスグループにおいても物流というインフラを安定的に供給し続けるため、テクノロジーの活用による自動化・省力化を推進しています。
具体的にはGOAL®などを活用したグループで連携したサービスの強化、フロント・バックオフィスの業務改革、ITガバナンス強化を実現するため技術導入に積極的に取り組んでいます。

デジタル化の推進と最新技術の導入に関する体制

SGホールディングスグループではSGシステムが、グループ各社のシステム開発・保守を行っています。今後は「GOAL®」をはじめとしたグループの総合力を活かしたビジネスの展開に注力していくため、グループ全体でIT活用を進めていくことがますます重要となっています。
そのため、SGホールディングスでは2019年4月より新たにIT統括ユニットを設置し、RPA・AI・ロボティクスなどの新技術を活用した業務の効率化・省力化を推進しています。また、これらのノウハウを活かし、グループ内のみならず、グループ外のお客さまにもRPA・AI・ロボティクスなどの新技術を活用した業務効率化・省力化のソリューションを提供していきます。

デジタル化の推進と最新技術の導入に関する目標と実績

左右にスクロールできます

対象会社 2018年度
目標
2018年度
実績
佐川グローバル
ロジスティクス
物流設備における技術導入

●自律型搬送機「CarriRo®AD」による省力化

●経路案内ツール「Visual Warehouse®」による生産性向上

SGシステム
SGモータース
AI等を活用した業務効率化の推進

●伝票読み取りの自動化

●音声認識による整備チェック業務省力化

2018年度は主に物流センター内での技術導入に取り組みました。

デジタル化の推進と最新技術の導入に関する取り組み

物流設備における技術導入

自律型搬送機による省力化

佐川グローバルロジスティクスでは、株式会社ZMPの自律移動型の搬送ロボット「CarriRo®AD」を2019年1月より導入し倉庫内搬送業務の自動化を進めています。「CarriRo®AD」は、150kgまでの荷物を搬送することができ、ランドマークと呼ばれる床面表示を読み込むことで、方向を認識して正確な自動搬送が可能です。
同ロボットを導入した柏SRCでは1400ケースほどの荷物が日々運び込まれます。荷物を積んだ複数のカートと「CarriRo®AD」を連結し、無人で庫内を自動搬送しています。この導入によりセンター内で人が歩く時間を1日あたり3時間、歩行距離で約4キロメートルの削減となり、担当者はその時間で荷合わせ作業や検品作業のサポートに入るなどリソースの最適化を実現しています。

従来はひとつのカートを1人で運んでいたが、「CarriRo®AD」の導入で2つのカートを無人で運べるように

  • Before

    Before

  • After

    After

経路案内ツールによる生産性向上

佐川グローバルロジスティクス株式会社は、株式会社サトーが提供する倉庫の経路案内ソリューション「Visual Warehouse®」を導入しました。
「Visual Warehouse®」は、ピッキングの経路における最短距離を「画像」と「音声」で指示するナビゲーションシステムで、作業者のスタートからゴールまでの最適動線を仮想マップ上で割り出して指示します。本システムにより経験の浅い作業者でも、ベテランと同等の作業効率を実現し、作業者の1時間あたりのピッキング行数はシステム導入前に比べ改善され、約23%の生産性の向上を可能にしています。

作業者の腕に付けている端末へ経路指示
作業者の腕に付けている端末へ経路指示 作業者の腕に付けている端末へ経路指示

作業者の腕に付けている端末へ経路指示

AIなどを活用した業務効率化の推進

伝票読み取りの自動化

SGシステムでは、佐川急便の配送伝票入力業務における人の入力作業をAIが代替し、自動化するAI-OCR※システムを導入しています。配送伝票の「サイズ・重量」欄は、手書きでサイズや重量が記載されており、◯付き数字も混在することから、従来のOCRではそれを認識することが困難でした。そこで約150万件のデータをAIに学習させ、人間を上回る精度で認識する「AI-OCR」を開発し、現在は本格稼働しています。

※Optical Character Recognition。手書きや印刷された文字をスキャナなどで読みとり、デジタル文字コードに変換する技術。

伝票読み取りの自動化
音声認識による整備チェック業務省力化

SGシステムでは、SGモータースの整備現場におけるチェック業務に音声認識技術の導入を進めています。SGモータースでは車両整備・点検の工程において122件におよぶ項目を確認しており、この技術導入を進めることにより確認用紙を持たずにヘッドセットから点検内容の音声案内が流れ、点検者が声で回答すると、音声認識して点検記録がデータ化されます。音声認識を活用することによって作業時の負担軽減や確認漏れを防ぐことができ、年間5,350時間(32人月)の工数削減が期待できるため、一部の工場において本格導入を予定しています。
外国籍の整備士など多様な人材が活躍する整備現場で高い品質を保ちながら安定的にサービス提供を行っています。

音声認識による整備チェック業務省力化

122項目のチェックリスト

音声認識による整備チェック業務省力化

音声認識によりチェックリストが不要に

このページの先頭へ