このページの先頭です

サイト内の現在位置

トップメッセージ

アジアを代表する総合物流企業グループへ
グループ全体で事業を通じた社会課題・環境改善に取り組み、グローバルに“持続と成長”を追い求める。

SGホールディングス株式会社 代表取締役会長 栗和田榮一(左)、代表取締役社長 町田 公志(右)

SGホールディングス株式会社 代表取締役会長 栗和田 榮一(左)、代表取締役社長 町田 公志(右)

創業から60周年の節目に

SGホールディングスグループは、1957年に京都で創業してから、おかげさまで60年を迎えることができました。戦後復興に終わりが見え、日本経済が大きく立ち上がりつつあった創業当時、個人商店や町工場など多くの中小企業が活気に溢れ、商品の仕入れや納品など小口輸送の需要が高まっていました。当グループの母体である佐川急便は、荷主からお届け先へ、迅速・確実・丁寧に運ぶ伝統的な飛脚業を近代化し、企業間のドア・ツー・ドア輸送というビジネスモデルへと進化させてきました。60年の間に、京都・大阪間から、中国・四国・九州を経て日本全国へ、そしてアジアを中心にグローバル規模へと輸送ネットワークを広げ、倉庫・車両整備・ITシステム・決済サービス・不動産・人材派遣など、主に輸送に関連する事業会社を拡充して総合物流企業グループへと進化を続けてまいりました。

昨年度、当グループの歩みを次の新たなステージへと進めるため、長期経営ビジョン「アジアを代表する総合物流企業グループへ」を掲げ、その実現に向けた新中期経営計画「First Stage 2018(2016-2018)」をスタートさせました。

この「First Stage 2018」の基本戦略の1つとして「海外事業基盤の強化と国内事業との一体展開によるグローバル物流ネットワークの確立」を掲げました。2013年にシンガポールのAMEROID社、2014年にスリランカのEXPOLANKA社をグループへと迎え入れ、昨年度はインドネシアRPX社、フィリピンLBC社との業務提携、ベトナムPhat Loc社のグループ会社化など、アジア圏の物流ネットワーク構築に注力しました。特にベトナムでは、全ての州に宅配ネットワーク拠点を持つ現地法人を子会社化したことにより、増えつつある宅配ニーズへの対応を図り、総合物流企業グループとしての存在感を高めております。

  • ※ 現在は「SG佐川急便ベトナム」に社名変更

また、アジア各国から日本への国際一貫物流サービス「スマート・インポート®」を株式会社日立物流とのパートナーシップにより中国から稼動させ、協業を通じて国際物流ネットワークの拡充を図ることができました。今後は、繋いだネットワークを積極的に活用し、国内外のお客さまの多様なニーズに対応できる物流ソリューションを提案してまいります。

企業に求められる環境や社会に配慮したCSR経営

私たちがグローバルに事業を展開していく上で、環境や社会への配慮がいままで以上に重要になっています。国連や欧米が中心となり、企業に対して環境や人権、腐敗防止への対応を求める枠組みや法制化が進んでおり、日本国内を中心に事業を行っていた従来の考え方をグローバル基準へと合わせていく必要があります。国際的には、環境や社会などに配慮し、中長期で持続可能な経営を行う企業の価値が高まっています。私たちも国内外のグループ全体でCSR経営を進め、さまざまなステークホルダーからの信頼を得られるように取り組んでまいります。

そうしたCSR経営の一環として今年3月、企業内大学「SGH University」を開設いたしました。高い意欲を持つ従業員が自発的に学び、自らのキャリアを切り開けるよう、良質な学習機会を提供することを目的に、集合型研修を行える施設を東京に新設し、eラーニングと集合型研修の2本柱で運用を始めました。また、従業員やその配偶者が出産後も安心して勤務できるよう、SGホールディングスグループ初となる事業所内保育園「SGH Kids Garden」を開設し、ダイバーシティ&インクルージョンの取り組みを推進しています。さらにグループの共済会「SGHふぁみりー共済会」の運用が始まり、福利厚生の更なる拡充も進んでおります。

ステークホルダーの皆さまへ

当グループがステークホルダーの皆さまから必要とされる存在であり続けるために、いまや社会インフラとなった物流を確実に継続させ、事業を通じてより一層社会に貢献することが重要だと考えています。さらに、グローバルに事業を展開している企業グループとして、各国・地域が抱える課題に対し、真摯に対応する責務があると認識しております。

これからも、ステークホルダーの皆さまと積極的にコミュニケーションを図り、環境の変化、課題や期待を敏感に捉え、社会の要請に応えていけるような事業、取り組みを実施してまいります。

今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

SGホールディングス株式会社
代表取締役会長

SGホールディングス株式会社代表取締役会長 栗和田榮一

SGホールディングス株式会社
代表取締役社長

SGホールディングス株式会社代表取締役社長 町田公志

このページの先頭へ