このページの先頭です

サイト内の現在位置

責任ある経営基盤の構築リスクマネジメント

リスクマネジメント体制の強化

SGホールディングスグループは、グループ各社が事業を行う上で、リスクの把握・評価および管理を実施するリスクマネジメント体制の強化を進めています。
リスクマネジメント会議においては、グループ各社のリスクに関して検討・報告する体制を整えています。また、大規模災害時に事業継続できるよう、BCP(事業継続計画)を策定し、BCM(事業継続マネジメント)体制を構築しています。
グループ各社は、リスクマネジメントフローに基づくリスク管理を徹底しています。各社が抽出したリスクについて、その傾向を分析するとともに、リスクマップの作成によるリスクの可視化など、グループ全体にわたる統合リスク管理を行っています。
2015年度は、グループ各社においてリスク事象が発生した場合、初動対応を迅速・確実に行うための報告体制を強化しました。また、グローバル拠点におけるリスク情報の収集・発信も開始しており、今後はさらなる体制の整備、強化を推進していきます。

リスクマネジメント体制

このページの先頭へ