このページの先頭です

サイト内の現在位置

責任ある経営基盤の構築クライシスマネジメント

BCMへの取り組み

SGホールディングスグループでは、クライシスマネジメント体制の高度化を目指し、グループBCPの策定やBCM連携、グループ危機管理体制の強化に取り組んでいます。

グループ各社のBCP策定

益城町役場での活動風景

これらの取り組みにより、2016年の熊本地震でも発災4日後には現地での救援物資の輸送営業所での受け取りなどを再開することができました。
写真は益城町役場での活動風景。

SGホールディングスグループでは、クライシスマネジメント体制の高度化を目指し、グループBCP※1の策定やBCM ※2連携などの危機管理体制の強化に取り組んでいます。
BCPの策定は段階的に進んでおり、国内全事業会社の策定が完了しました。

  • ※1 BCP(Business continuity plan):自然災害やテロなどの緊急事態が起きた際に、事業への損害を最小限にとどめ、事業を早期復旧できるようにするために、事業継続のための方法や手段などを予め取り決めておく計画
  • ※2 BCM(Business continuity management):策定したBCPが機能するよう運用すること

グループのBCM連携

SGホールディングスグループでは、BCM連絡会を定期的に開催し、事業継続マネジメントについて議論を重ね、グループ危機管理体制の強化を図っています。
また災害等の危機が発生した際に、素早く確実に情報を共有しグループとして対応できるようにするため、報告ツールである緊急情報システムを活用しています。
さらに、グループ内だけでなく社外とも連携できるよう、佐川急便において12都道府県及び市との包括連携協定、ならびに44都道府県及び市・団体等との災害等協定を締結しています。(2017年4月時点)
また、事業継続にかかる外部企業との交流会を開催したり、外部団体の連携企画へ参加したりもしています。

グループのBCM連携

中核事業である佐川急便の物流を止めないために、各事業会社がそれぞれのリソースを駆使し、
SGホールディングスが情報の取りまとめ・共有を行っています。

事業継続訓練の実施

事業継続訓練の様子

事業継続訓練の様子

BCMの一環として、策定したBCPが適正に機能するかの検証を行うために、SGホールディングス及び国内の各事業会社から経営者とBCM担当者が参加し、事業継続訓練を定期的に行っています。
2016年度は、グループ間の「連携」をテーマに、実践度の高いシナリオ非公開型の訓練を実施しました。
グループ内からは社長を含め123名、社外からは関係省庁や自治体、取引先企業、パートナー企業等53名の方々にオブザーバーとして参加いただきました。

インシデント発生時の情報収集・発信

災害等の危機が発生した際に、素早く確実に情報を共有しグループとして対応できるようにするため、また記録として残していくために、報告ツールである緊急情報システムを活用しています。

コラム「最優秀レジリエンス賞(2017)を受賞」
最優秀レジリエンス賞(2017)を受賞

政府の「国土強靭化基本計画」の実現へ向け、産・学・官・民のオールジャパンでの取り組みが進んでいます。このたび佐川急便は、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が創設した「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2017」の企業・産業部門において、「最優秀レジリエンス賞」を受賞しました。
本賞は、次世代に向けた社会構築のため、“強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等”を実施している企業・団体等を評価・表彰するものです。
当社の受賞理由は、物流インフラにおける車両及び燃料の強靭化対策として、次世代車両(天然ガス、ハイブリッド、ポスト新長期規制適合車、EV等)の導入を促進するとともに、エネルギーセキュリティの観点から利用燃料の多様化を進めていること。また、燃料の安定的な確保と供給体制維持のため、自社スタンド(軽油インタンク129拠点、天然ガススタンド22か所)を全国に設置するとともに、停電時でも給油できるように燃料油ポンプ(足こぎ式)の導入等、事業継続のための対策を講じていること。インフラ等異業種企業間とのBC(事業継続)連携を推進していること。などが評価されたものです。

コラム「大学生向け寄附講座を提供(2016)」
大学生向け寄附講座を提供(2016)

関西大学において「安心・安全な物流基盤を支える事業会社のリスク管理」をテーマとした寄附講座を開催。当グループをはじめ運輸・ITシステム・航空業界等から一線の実務者が教壇に立ち、それぞれの知見から、学生たちへの意識啓発を図りました。「物流企業のBCP/BCM」等の個別テーマで全15回開催。

  • 物流企業のBCP/BCM
  • 物流企業における安全とヒューマンエラー
  • 物流システムと情報セキュリティ
  • SCMにおける大規模災害訓練
  • 物流と気象 災害時の物流BCM
  • 高速道路と防災 災害時の物流BCM
  • 航空輸送事業におけるリスク管理

このページの先頭へ