このページの先頭です

サイト内の現在位置

Highlight 物流全体の最適化でお客さまの課題を解決する「GOAL」

「GOAL®」は、SGホールディングスグループの先進的ロジスティクス・プロジェクトチームです。業種を問わず国内外すべてのお客さまの潜在的な課題に対し、物流全体の最適化とソリューションの高付加価値化を目指しています。本特集では、その取り組みの一端をご紹介します。

GOAL®の重点領域
GOAL®の重点領域

先進的ロジスティクス・プロジェクトチーム「GOAL®」とは

商品ライフサイクルの短期化やサービス競争の激化、ビジネスのグローバル化。当社グループは、このような市場環境の変化の中で課題を抱えるお客さまに対し、物流の全体最適化による経営の効率化という一つの鍵を提案しています。この提案を行うのが、先進的ロジスティクス・プロジェクトチーム「GOAL®」です。「GOAL®」とは「GO Advanced Logistics」の頭文字です。「先進的なロジスティクスの提供を通じ、物流の課題解決という『ゴール』へお客さまと共に突き進む専門家集団であること」を意味します。約150名の各分野の専門家からなる「GOAL®」メンバーが、佐川急便の全国ネットワークと、グループ企業の持つ多様なリソース、機能を融合し、ワンストップで物流全体をコーディネートします。当社グループは「GOAL®」を通して、お客さまのさらなる成長・発展に寄与するとともに、さまざまな社会課題の解決にも貢献します。

※「GOAL®」はSGホールディングス(株)の登録商標です。

● 「GOAL®」のトータル・ソリューションの一例
スマート納品®

納品時におけるさまざまな課題を、お客さまのニーズに合わせた形態でお届けするオーダーメイド納品です。

グローバルロジスティクス

世界各国の物流拠点と国内ネットワークを連携させる複合一貫輸送サービスを提供します。

3PL

倉庫物件、保管スペース、流通加工サービスおよびマルチ輸送を組み合わせた3PLを、グループ各社とのシナジーによりワンストップで提供します。

リバースロジスティクス

返品商品の回収業務やアフターサポート機能(商品買取や再販売)など、最適な静脈物流を提供します。

グリーンロジスティクス

大型複合施設・オフィスビルおよび量販店において、物流の効率化や環境負荷低減、周辺地域の安全性向上などを実現する館内物流サービスを提供します。

コンサルティング

拠点配置や輸配送方法の見直し、庫内オペレーション、保管方法など、お客さまの物流をさまざまな角度から診断し、改善します。

  • CASE 1 株式会社小堀酒造店 凍結酒を徹底した温度管理のもとワンストップで海外へ
  • CASE 2 三井不動産商業マネジメント株式会社「ららぽーと海老名」の263のテナントにスマートな納品を

CASE 1株式会社小堀酒造店凍結酒を徹底した温度管理のもとワンストップで海外へ

  • 社会課題

    海外において「より個性的な日本酒」への需要が高まる中、海外市場に-18℃以下で冷凍品を輸送できる物流企業がなかった。

  • 私たちのソリューション

    「飛脚クール便」の輸送品質と、SGHグローバル・ジャパンの海外輸出ノウハウのシナジーによる、ワンストップ物流を提案。

  • 社会に提供する価値

    冷凍状態でのスムーズな輸出取り引きが可能となり、顧客企業の販路を拡大。日本の豊かな食文化を輸出先国へと紹介することに貢献。

海外における「日本食ブーム」は、食品製造事業を展開する企業にとって、マーケット拡大のチャンスとなっています。石川県白山市にある老舗蔵元・株式会社小堀酒造店も、10年ほど前からアジアを中心に日本酒の輸出を行ってきました。2015年の春、上海の得意先から「珍しい日本酒はないか」という要望を受けた同社では、凍結酒『萬歳楽 白山氷室(まんざいらく はくさんひむろ)』を提案しました。凍結酒とは、日持ちさせるための加熱処理をせず、搾りたてをそのまま凍結した日本酒です。「ぜひ輸入したい」と申し出を受けたものの、同社では通常、常温の船便を利用しており、-18℃以下という安定した品質で冷凍品の輸送ができる物流企業に心当たりがありませんでした。
相談を受けた佐川急便では、「飛脚クール便」で関西国際空港まで冷凍輸送し、煩雑な輸出手続き(酒類免税申請)や輸出梱包作業はSGHグローバル・ジャパンが代行するという提案を行いました。また輸出先でもグループの海外拠点を通じたサポートにより、現地での状況把握を含め、国内から海外までの一元管理を行いました。このワンストップ物流により2015年の夏、無事に上海の日本料理店の店頭に並んだ『萬歳楽 白山氷室』は、多くのお客さまに歓迎されたとのことです。
「GOAL®」は日本企業のグローバル展開の一翼を担うとともに、日本の豊かな食文化を海外へと発信することにも寄与しています。

  • 本来なら蔵元でしか味わえない新鮮な味わいの凍結酒『萬歳楽 白山氷室』

  • 江戸享保年間創業の老舗、加賀菊酒の伝統を受け継ぐ小堀酒造店

一貫した最適な温度管理で品質を保持
  1. 佐川急便にて集荷した商品をニチレイの保冷施設を連携利用し、最適な温度管理を実現。
  2. 飛脚クール便にて関西国際空港に輸送。
  3. 独自のパッキングにて積載。SGHグローバル・ジャパンにて輸出通関後(再梱包・酒税など)、保冷国際航空輸送にて上海浦東空港へ国際輸送。
  4. 輸入パートナーが取引先の日本料理店へ納品。
ワンストップの管理は心強く、信頼が深まりました
株式会社小堀酒造店 執行役員 総務部 部長 橋本 幸一 氏

常に新しく良質なものを求める上海の人々の心をつかむには、ほかにはない個性的な商品が求められます。作りたての味を楽しめる『萬歳楽 白山氷室』をぜひ上海の皆さまにお届けしたいと、凍結酒の輸送方法を模索していたところに、折よく佐川急便の訪問を受け、相談するに至りました。温度管理の徹底だけでなく、輸出に伴う書類の作成など通関手続きの代行までワンストップで管理してもらい、さらに現地に到着してからも随時報告があり、大変心強く思いました。当社では今後、米国や欧州へのビジネス拡大も目指しています。今後とも、さらなるサポートを期待しています。

CASE 2三井不動産商業マネジメント株式会社「ららぽーと海老名」の263のテナントにスマートな納品を

  • 社会課題

    各テナントにばらばらに商品が届くことで、施設周辺での渋滞の発生や、環境負荷の増大、非効率な納品などの悪影響が生じる恐れがあった。

  • 私たちのソリューション

    SGホールディングスグループの大型施設や営業所を利用した事前仕分けで、一括納品を行う「スマート納品®」をご提案。

  • 社会に提供する価値

    集約されることにより搬入する車両の台数を減らすことができ環境負荷の低減、渋滞の緩和を実現。さらに納品品質の向上も可能とした。

三井ショッピングパーク「ららぽーと海老名」 は、2015年10月に神奈川県海老名市に誕生した大型商業施設です。人口約13万人の地域住民の利用に支えられる商業施設にとって、地域に歓迎される環境を意識した街づくりは重要な課題といえます。特に周辺の渋滞解消は、地域住民の安全を確保するためにも最優先課題です。多くのテナントが入居し、日々膨大な商品が納品される商業施設において、もし全テナントがばらばらに商品を調達し、多数の物流業者が納入する状況になれば、施設周辺に大きな渋滞が生じる恐れがあります。SGホールディングスグループは、この「ららぽーと海老名」の開業に際し、一貫したソリューションを提案しました。その核となるのが、時間に正確な配送を行う「館内物流」と「スマート納品®」です。
「スマート納品®」とは、あらかじめ当社グループの大型施設にて仕分けを行った上で一括納品するという「オーダーメイド納品」です。また「スマート納品®」と組み合わせた「館内物流」で全体の搬入車両をコントロールし、車両の出入りを最小限に抑えることで、入荷場所の混雑を解消するとともに、CO2排出量の削減にも寄与することができました。また納品完了時間の大幅な短縮、入荷・仕分け作業の効率化、入荷スペースの最小化といった、納品品質の向上の面でも貢献。
商品の入荷時間が正確に把握できることから、テナントの方のみならず、商品を購入する利用者の方も「商品を取り寄せたい場合、何時に受け取りに来ればいいか明確に分かる」という点で、大きな価値を提供しています。

  • 約263店舗のテナントが入居する「ららぽーと海老名」

  • 仕分けした商品を一括納品

佐川急便大型施設 三井ショッピングパーク ららぽーと海老名
  1. 当社グループの大型施設にて仕分け。
  2. 「ららぽーと海老名」へ一括納品。
  3. スタッフが各テナントへ、正確な時間に館内配送。
次々に的確な提案をいただき、満足しています
三井不動産商業マネジメント株式会社 ららぽーと海老名オペレーションセンター
所長代理 菊田 英傑 氏

課題解決型でコストパフォーマンスに優れた総合的な提案と、スムーズな打ち合わせに信頼を感じ、佐川急便を選びました。「スマート納品®」により、商品が山積みになることなく、常時スムーズに流れていると感じます。開業時に起こりがちな渋滞も最小限に抑えることができました。開業後には、施設内の「佐川急便宅配サポートセンター」で荷物を受け取れるサービスも提案いただきました。お客さまに三井ショッピングパーク「ららぽーと海老名」を訪れていただく機会を増やす、非常に良い提案でした。今後も、ビジネスパートナーとしてどんどんご提案ください。

このページの先頭へ