このページの先頭です

サイト内の現在位置

財団活動

公益財団法人 SGH財団http://www.sgh-foundation.or.jp/

公益財団法人 SGH財団は、国際的で活力ある社会の創造に向け多面的かつ幅広く社会活動に寄与することを目的として、経済・産業、教育・文化、医療・福祉などの振興・発展を図るための研究および事業への助成などを行います。

留学生奨学

東南アジア諸国からの私費留学生に対して、奨学援助を行っています。本事業は1986年の開始以来、474名を採用、奨学金総額は10億7,100万円に達しています。奨学金支給とともに、文集などの発刊や授与式・交流会、同窓会の開催を通じて、日本での留学生活が実り豊かになるよう努めています。
2015年度は、全国63大学72名の応募から、16名を第30期奨学生として採用しました。

  • 第30期奨学生採用証書授与式

  • 授与式の様子

がん研究振興

がんに関する基礎研究および応用治療研究に対する助成・褒賞やがんに関する講演会・市民公開講座の開催、研究成果報告の刊行などを行っています。
2015年度は、全国の研究機関より申請のあった221件の中から、15件の助成を行いました。また、がんの研究ならびに看護の発展に顕著な功績を挙げ、かつ今後の発展が期待される方々に、佐川特別賞・佐川看護特別賞を贈呈しました。

  • 第27回授与式、第13回授賞式

  • 第27回 佐川がん研究助成
    15件
    (1,500万円)
    第13回 佐川特別賞
    2件
    (1,000万円)
    第13回 佐川看護特別賞
    2件
    (200万円)

国際経済協力

アジアの開発途上国や新興国への輸送車両の寄贈、ならびに車両整備技術研修生の受け入れなどを行っています。
2015年度は、中国から5名、ラオスから5名の車両整備技術研修生を受け入れました。また国土交通省との協働で、ベトナム・ホーチミン交通大学での物流人材育成支援事業に取り組んでいます。今後はベトナム同様、ラオスにおける物流人材育成事業などを検討・協議していく予定です。

  • ホーチミン交通大学での講義の様子

  • 車両整備技術研修生の受け入れ実績(累計:1987〜2015年)
    中国、ラオス 計203名
    整備済み中古トラックの寄贈実績(累計:1985〜2015年)
    中国、モンゴル、ラオス、ペルーなど 計3,327台

公益財団法人 佐川美術館http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/

公益財団法人 佐川美術館

1998年3月、 滋賀県守山市に佐川美術館を開館しました。 平山郁夫氏、佐藤忠良氏、樂吉左衞門氏の常設企画展示を柱に、さまざまな特別企画展も開催しています。また、豊かな表現力と感性を育む情操教育に寄与するための「さがわきっずみゅーじあむ」や、コンサートなどのイベントを通じて、教育普及活動を推進しています。

  • ※2015年度総入館者数160,462名
特別企画展
  • 放浪の天才画家 山下清展
  • キース・ヘリング展
  • 没後400年 古田織部展
  • 第7回 こども絵画コンクール優秀作品展
  • 培広庵コレクション 華麗なる美人画展
主な教育普及活動
  • 展覧会関連講演会(299名)
  • コンサート(469名)
  • 茶会(129名)
  • 次世代を担う子どもたちへの教育普及活動「さがわきっずみゅーじあむ」
    (ワークショップ407名、展示イベント28,136名)
地域社会との交流
  • 守山市教育委員会連携授業「芸術鑑賞教室」(9校27学級の小学4年生929名)
  • 「福祉の日」(124福祉施設1,785名)

このページの先頭へ