このページの先頭です

サイト内の現在位置

社会 -SOCIAL
交通安全

交通安全に関する方針

SGホールディングスグループの運送事業の主な担い手は以下の3社です。いずれも国土交通省が定める「運輸安全マネジメント制度」に基づき、「輸送の安全に関する基本的な方針」を掲げて交通安全に取り組んでいます。

  • 佐川急便
  • SGムービング
  • ワールドサプライ

輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 1.SGホールディングスグループの企業理念のもと、行動憲章に基づきグループ企業が密接に協力し、人命を第一として従業員が一丸となって絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  2. 2.経営者は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保を主導します。また、従業員に対し輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
  3. 3.安全マネジメントを確実に実施し、安全最優先で業務を遂行します。
  4. 4.協力会社を利用する場合にあっては、当該事業者の輸送の安全確保を阻害するような行為を行いません。また、協力会社の輸送の安全の向上に協力するよう努めます。
  5. 5.輸送の安全に関する情報を公表します。

交通安全に関する体制

各社とも国土交通省が定める「運輸安全マネジメント制度」に基づき個別に安全委員会などを設置して交通事故を含む安全に関する問題に対処しています。なお佐川急便は自社が持つ研修設備や研修制度をほかの2社にも提供し、グループ全体の交通安全を推進しています。

左右にスクロールできます

対象会社 委員会等名称 責任者 開催頻度
佐川急便 安全会議 管理担当取締役 月1回
SGムービング 労務安全会議 部長 月1回
ワールドサプライ 労務・安全推進会議 部長 月1回

交通安全に関する目標・結果

左右にスクロールできます

対象会社 中長期目標 2018年度
目標
2018年度
要報告事故件数
2017年度
要報告事故件数
佐川急便 自社および社会全体の交通事故を減少させる 要報告交通事故件数※の削減(前年度比) 20件 22件
SGムービング 0件 0件
ワールドサプライ 0件 0件

※自動車事故報告規則第2条において報告対象とされる交通事故の件数

2018年度も前年度同様、国土交通省が自動車事故報告規則に定める交通事故件数(要報告交通事故件数)を対前年度比で削減するという共通の目標を立て、各社に適した施策をそれぞれに展開しました。佐川急便では2017年度に交通事故件数が増加したことを踏まえて、安全に関する研修を手厚くするなど各種対策を立案・実行しました。その結果、2018年度は対前年度比で約10%件数を減少させることができました。SGムービングとワールドサプライは昨年度に引き続き要報告交通事故件数は0件で、目標を達成することができました。

交通安全に関する取り組み

安全教育

佐川急便が新規採用したドライバーは、安全運転に関する研修や指導を受け、検定に合格して初めてセールスドライバー®として独り立ちします。さらにその後も安全運転を継続できるよう、定期的な指導が行われます。研修や指導、検定は一定の社内資格を有した者だけが行い、すべてのドライバーに同じレベルの教育が行き渡る仕組みになっています。この指導員や検定員に対しても定期的に研修を行い、常に現場で必要とされる教育がなされる体制をつくっています。
ほかの運送会社2社も佐川急便を基準に、自ら事業特性に合わせた研修やマニュアルなどを用意し安全教育体制を整えています。

ドライバー向け研修(佐川急便)

左右にスクロールできます

時期 研修名称 指導者 2018年度
実施回数
2018年度
受講者数
上級SD
指導員
上級安全
運転検定員
入社 安全運転基礎研修 126回 2,634人
添乗指導開始検定 5,177回 5,177人
添乗指導 66,647回 4,667人
単独乗務検定 6,517回 5,915人
SD独り立ち認定研修 429回 3,215人
1カ月後 1カ月添乗指導 3,741回 3,629人
3カ月後 3カ月添乗指導 3,542回 3,475人
6カ月後 6カ月添乗指導 3,312回 3,254人
12カ月後 12カ月添乗指導 2,703回 2,667人
それ以降 定期添乗指導 28,889回 25,640人
指導者・検定員向け研修(佐川急便)

左右にスクロールできます

研修名称 2018年度実施回数 2018年度受講者数
上級SD指導員認定研修 149回 1,407人
上級安全運転検定員認定研修 73回 310人
安全推進初任研修 8回 162人
安全推進職コーチング研修 4回 160人
SDアドバイザー研修 22回 57人
指導者・検定員数(佐川急便)

左右にスクロールできます

研修名称 2018年度 2017年度
上級SD指導員 10,418人 9,529人
上級安全運転検定員 1,564人 1,425人
安全推進職 1,194人 1,029人
SDアドバイザー 133人 116人

その他の取り組み

SGホールディングスグループは安全教育のほか、ドライブレコーダーなどの安全補助装置による対策や、連続無事故表彰などの社内表彰制度による安全啓発活動も行っています。さらに地域社会に対して交通安全教室を開催したり、グループ外の企業に対して安全運転教育サービスを提供したりすることで、自社だけでなく社会全体の交通事故の減少を目指しています。

ドライブレコーダー

運送車両にドライブレコーダーを搭載し、ドライバーの運転技能向上や事故原因の分析などに活用しています。

左右にスクロールできます

会社名 車両保有台数
(運送事業用)
ドライブレコーダー
搭載台数
搭載割合
佐川急便 26,671台 19,610台 73.5%
SGムービング 74台 74台 100%
ワールドサプライ 135台 未導入(2019年度より対応予定)
ドライバーコンテスト

佐川急便ではドライバーの交通安全意識と運転マナーの向上を目的として毎年「ドライバーコンテスト」を開催しています。2018年度は日本全国から選抜された84名が交通法規・点検・運転技術の3科目で競い合いました。このコンテストは2018年度で26回目を迎えました。

ドライバーコンテスト
連続無事故表彰制度

佐川急便では日本全国の営業所を対象に連続無事故表彰制度を設けています。連続無事故とは、車両の保有台数に連続無事故日数を乗じて算出します。営業所の全従業員が一致団結して安全運転に取り組む動機づけのひとつになっています。

交通安全教室

佐川急便では地域の子どもや高齢者を対象とした交通安全教室を定期的に開催しています。この取り組みは2003年から始まり、これまで150万人以上に参加いただいています。

左右にスクロールできます

実施数/年 参加者数/年 参加者数(累積)
交通安全教室 741回 73,620人 1,567,224人
安全運転教育サービス

佐川急便では法人を対象に安全運転のノウハウを提供する「安全運転教育サービス」を事業として行っています。長年にわたり培ってきた運転のプロとしての知識を、自動車を使うほかの事業者にも活用してもらい、世の中から交通事故をなくすことが狙いです。本サービスはドライバーと指導者に対する研修形式を取っています。

左右にスクロールできます

研修回数/年 参加者数/年 参加企業数
安全運転教育サービス 135回 2,109人 28社
運転教習施設

佐川急便は運転教習コースを備えたドライバーの訓練施設を日本国内に3カ所保有しています。これらの施設はほかのグループ会社での安全教育や、グループ外に対する安全運転教育サービスで利用されています。

左右にスクロールできます

運転教習施設(佐川急便) 所在地
豊橋研修センター 愛知県
綾瀬センター 神奈川県
瀬戸内パーク 香川県
車両整備の徹底

SGホールディングスグループは「車両の整備不良事故ゼロ」を目指してドライバーによる乗車前点検の徹底と、整備の一元管理を行っています。SGモータースがグループ内の営業車両を管理しており、点検時期の管理から点検項目の標準化・妥当性の確認まで幅広いサポートをしています。またSGホールディングスグループの全車両にいつでも対応できるように、日本全国で3万台をカバーできる整備ネットワークを有しています。

SGモータース車両整備ネットワーク
テレマティクスクラウドサービス

SGシステムではクラウド基盤によるテレマティクスクラウドサービスを提供しています。テレマティクスとは、自動車などに通信システムを組み合わせて情報サービスを提供することの総称です。このサービスによって自動車運行における各種情報を蓄積・分析し、安全性の向上に貢献します。

簡易型ドライブシミュレーターによる適性診断

ワールドサプライでは、2017年度に簡易型ドライブシミュレーターを導入しました。乗車することなくドライバーの適性診断が可能で、危険予知トレーニングにも活用しています。

社内報「HIKYAKU」を通じた安全教育

佐川急便では毎月、社内報「HIKYAKU」を発行しています。安全に関するニュースや注意喚起を必要に応じて掲載し、全従業員に対する安全教育ツールにも活用しています。

海外での取り組み

SG佐川アメロイド(シンガポール)

SG佐川アメロイドでは2015年より安全委員会を設置し、交通事故防止に努めています。また、ウェブポータルシステム(事故等報告システム)や、運転手教育や運転分析のためのシステム、運転モニタリングなどを目的とした高解像度車載カメラなどの機器の導入も進めています。

エクスポランカ(スリランカ)

エクスポランカグループのエクスポランカ・フレイト(EFL)では「道路安全プログラム」を実施しました。同プログラムは従業員、お客さま、地域社会や環境のために、EFLの配送サービスの安全性を向上させることを目的とする従業員教育です。これらの情報提供プログラムにより、EFLでは従業員の安全意識を高め、常に交通安全に努めて安全を最優先する文化を担っていきます。

エクスポランカ

このページの先頭へ