このページの先頭です

サイト内の現在位置

労働安全衛生

安全管理

方針

アプローチ

「安全・安心な交通社会」を実現するうえで当社グループが最も力を入れているのは、交通事故をなくすための取り組みです。運送事業を担う佐川急便、SGムービング、ワールドサプライでは、国土交通省が定める「運輸安全マネジメント制度」に基づき「輸送の安全に関する基本的な方針」を掲げています。この方針を土台に、各社にて事故をなくすための体制を整えています。さらに、SGモータースは車両整備により、SGシステムはITによりこの取り組みを支え、当社グループの運送事業全体の安全が図られています。

輸送の安全に関する基本的な方針
  1. 01SGホールディングスグループの企業理念のもと、行動憲章に基づきグループ企業が密接に協力し、人命を第一として従業員が一丸となって絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  2. 02経営者は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全確保を主導します。また、従業員に対し輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
  3. 03安全マネジメントを確実に実施し、安全最優先で業務を遂行します。
  4. 04協力会社を利用する場合にあっては、当該事業者の輸送の安全確保を阻害するような行為を行いません。また、協力会社の輸送の安全の向上に協力するよう努めます。
  5. 05輸送の安全に関する情報を公表します。
2017年度の目標と総括

バウンダリ:目標の適用範囲 関連SDGs:目標に関連が深いSDGs(持続可能な開発目標)のターゲット

左右にスクロールできます

長期テーマ 2017年度目標 2017年度
取り組み結果・進捗
バウンダリ 関連
SDGs
佐川急便 国内 海外

自社および社会全体の交通事故を減少させる

交通事故件数※1の削減
(前年度比)

  • 佐川急便:22件
    (前年度比+3件)
  • SGムービング:0件
    (前年度比-1件)
  • ワールドサプライ:0件
    (前年度比同値)

※2

 

3.6

※1 自動車事故報告規則第2条に定める事故の件数
※2 国内は運輸安全マネジメント制度に基づく目標を別途持つ会社のみ該当

2017年度の佐川急便の取り組み結果は、残念ながら2016年度に比べると事故件数増加という結果でした。「働き方改革」を推し進めるなか、従業員の採用が順調に進んだ一方で、指導員の充足が遅れたのが原因のひとつと考えられます。これを踏まえ、佐川急便では指導員を増員したり、指導方法の見直しをしたりするなど、具体的対応を始めました。2017年度から導入された「安全推進職コーチング研修」はその一環です。ワールドサプライは2016年度に引き続き、事故件数を0件に抑えることができました。

自動車事故報告規則に基づく交通事故件数

左右にスクロールできます

  2016年度 2017年度

佐川急便

保有車両台数:25,153台(2018年3月末時点)

19件

22件

SGムービング

保有車両台数:74台(2018年3月末時点)

1件

0件

ワールドサプライ

保有車両台数:136台(2018年3月末時点)

0件

0件

体制

組織

当社グループでは、事業会社ごとに輸送の安全管理体制を整えています。2006年10月、貨物自動車運送事業法が改正され、「絶えず安全性を向上させる」ことを目的に運輸安全マネジメント制度が導入されました。当社グループの運送事業の中核を担う佐川急便では、安全確保を経営の最重要課題として進めるため、「安全対策委員会」を設置。委員長には常務取締役を、副委員長には本社所管部署の長を選任しました。また、委員として全国18か所の支店長および本社部長が参加します。この安全対策委員により安全会議を毎月開催し、安全活動の進捗状況をはじめ、経営トップが安全に関わるさまざまな課題を討議しています。また、本社(各担当エリア)の安全推進担当責任者による検討会も適宜開催し、現場の意見を反映した安全対策の考案や改善を検討しています。ドライバーの拠点である全国426か所の営業所には安全推進者(職)を配置し、指導・教育に加え、円滑なコミュニケーションを図ることでドライバーが安心して乗務できる環境を整えることを、安全運転管理の基本として活動しています。

佐川急便の安全管理体制
佐川急便の安全管理体制

※2本の指を広げることで図表を拡大できます

事故・災害時の体制

佐川急便では、事故・災害の発生時に迅速に対応できる報告体制を整えています。

佐川急便の輸送の安全に関する組織体制および指揮命令系統
佐川急便の輸送の安全に関する組織体制および指揮命令系統

※2本の指を広げることで図表を拡大できます

取り組み

安全教育
育成研修制度

佐川急便は、運転教習コースを備えたドライバーの訓練施設を神奈川・愛知・香川県に保有。入社から独り立ちまで一貫したドライバーの教育制度を設けています。新人ドライバーは入社後、「新入社員基礎研修」、「安全運転基礎研修」を経て、上級安全運転検定員による「添乗指導開始検定」に合格すると、上級SD指導員による添乗指導を受けます。佐川急便は、添乗者による指導がドライバーに対して最も効果的な教育方法だと考えています。ドライバーは、その後、「単独乗務検定」や「集配業務検定」を受け、これに合格して初めてセールスドライバー®として一人で業務に携わることができるようになります。独り立ちした後も、1か月・3か月・6か月のタイミングで上級SD指導員が、12か月後には上級安全運転検定員がアフターフォローとモニタリングを行います。

佐川急便豊橋(愛知県)研修センター

佐川急便豊橋(愛知県)研修センター

新人ドライバーの育成フロー
新人ドライバーの育成フロー

※2本の指を広げることで図表を拡大できます

添乗指導を行う上級SD指導員や各種検定を行う上級安全運転検定員は、「佐川ライセンス制度」に合格した者だけがその任にあたります。新人ドライバーのみならず、その指導者に対しても十分な研修制度を設けています。

主な研修

安全運転基礎研修

安全運転基礎研修は、運転業務に関わる新入社員を対象に、事業用自動車運転者として最低限必要な技能と知識を習得させる研修です。主な研修内容は、安全意識や危険感受性を向上させるための講義、トラックの運転特性や安全確認方法を身につけるための実車訓練など。この研修により運転品質の平準化を図り、運転業務の安全確保に努めています。

上級SD指導員認定研修

上級SD指導員認定研修は、新入社員を現場で教育する担当者に対する研修です。交通事故・違反をなくすための指導方法を、実技訓練を通じて身につけます。具体的には、新入社員の不安全行動を見抜き、的確な指摘と指導が行える能力を開拓します。コミュニケーション能力を高め、より実践的な能力を身につけるために、ロールプレイング方式で訓練を行います。また、資格取得後は適宜ブラッシュアップを図り、一定の指導水準を維持する仕組みになっています。

上級SD指導員認定研修

上級安全運転検定員認定研修

上級安全運転検定員認定研修は、運転者の乗務可否を判断する検定員を認定するための研修です。この研修により、正確な運転操作や安全確認の実施状況について、適切に判定できるスキルを習得します。また、上級SD指導員同様、資格取得後は適宜ブラッシュアップを図り、一定の検定水準を維持しています。

上級安全運転検定員認定研修

安全推進初任研修

安全推進初任研修は、事故を防止するための管理や指導を行う安全推進職を対象とした研修です。彼らは、日々の運送業務における安全のかなめです。本研修では、新任の安全推進職を対象に、運行管理および労務管理に必要な基礎知識から事故発生時の対応まで幅広く学びます。基礎知識では関係法令や社内規程、実務マニュアルなどを習得します。事故発生時の対応では、ロールプレイング方式を用いた事故発生時の対応訓練や、他の営業所での実地検証を行います。

安全推進初任研修

安全推進職コーチング研修

安全推進職コーチング研修は、2017年度から新たに設けられた、安全推進職のレベルアップを目的とした研修です。「事故の真の原因をどう見極めるのか」「その原因を取り除き、二度と事故を起こさないための対策はどう立てるべきか」などを、さまざまな角度から改めて勉強します。安全推進職の指導力を向上させ、ドライバーの交通事故や交通違反を未然に防ぐことが狙いです。

2017年度の主な研修実施状況

左右にスクロールできます

研修名 開催回数(回) 受講者数(名)

新入社員基礎研修

148

3,879

安全運転基礎研修

138

3,071

安全推進初任研修(※1)

6

128

上級SD指導員認定研修(※2)

132

1,091

上級安全運転検定員認定研修(※3)

70

261

SDアドバイザー研修(※4)

24

102

  • ※1安全推進(職)
    営業所の安全管理を行う者
  • ※2上級SD指導員
    添乗にて運転指導を行う者
  • ※3上級安全運転検定員
    独り立ち可能かの見極めを行う者
  • ※4SDアドバイザー
    乗務歴1年未満のドライバーに対し、実務的な相談や顧客対応などのアドバイスを行う事務職の者
技術で支える安全
ドライブレコーダーによる安全運転検証

佐川急便とSGムービングでは、より効果的な安全運転指導を行うため、ドライブレコーダー(安全運転記録装置)を導入しています。ドライブレコーダーは、映像を記録できるもののほか、運転中のエンジンの回転数や急ブレーキなどの危険な挙動をデータ化し記録できるものも採用しています。
ワールドサプライでは、2018年度より順次ドライブレコーダーを導入する予定です。

ドライブレコーダーによる安全運転検証

運転中の挙動データは、その特性を5項目に分けて分析します。これによりドライバーの日頃の運転行動や弱点が把握でき、課題を克服するための的確な指導が可能となります。ドライブレコーダーが記録した運転中のヒヤリ・ハット体験をドライバーが共有し、ともに安全対策を考える機会にも活かされています。

運転診断結果表

運転診断結果表

簡易型ドライブシミュレーターによる適性診断

ワールドサプライでは、2017年度に簡易型ドライブシミュレーターを導入しました。乗車することなくドライバーの適性診断が可能で、危険予知トレーニングにも活用しています。

社内報「HIKYAKU」で安全教育

佐川急便では毎月、社内報「HIKYAKU」を発行しています。安全に関するニュースや注意喚起を必要に応じて掲載し、全従業員に対する安全教育ツールにも活用しています。

安全補助装置の導入

佐川急便では、事故を防ぐために、バックソナーやパーキングアラーム等の安全補助装置を導入しています。

後退事故防止

バックソナー

後退事故をなくすため、佐川急便ではバックソナーを導入しています。バックソナーとは、障害物に接近すると警告音が鳴る安全補助装置のことです。
佐川急便は、過去の事故事例を分析し、オリジナルのバックソナーを製作。2017年度から順次、導入しています。

バックアイカメラ

佐川急便では、全車両にバックアイカメラも搭載しています。

バックアイカメラ
自走事故防止

ドライバーが乗車していない状態で車両が動き、大きな被害をもたらす可能性のある自走事故。社会に与える影響が大きな事故です。
佐川急便では、自走事故を防止するために、パーキングアラームや電動パーキングブレーキを採用しています。

パーキングアラーム

パーキングアラームは、パーキングブレーキのかけ忘れを音でドライバーに警告する安全補助装置です。バックソナーと同様に、佐川急便では過去の事故事例を分析し、オリジナルのアラームを製作しました。2017年度から順次、導入しています。

パーキングアラーム

パーキングアラーム

電動パーキングブレーキ

電動パーキングブレーキは、車両の状況に応じて引き代を自動でコントロールする装置です。必要な制動力を確保することができ、パーキングブレーキが不十分なために起こる自走事故を防ぐことができます。2013年度から順次、導入しています。

電動パーキングブレーキ

電動パーキングブレーキ

社内表彰制度
ドライバーコンテスト

佐川急便では、運転者の育成および全従業員の安全意識向上を目指した「ドライバーコンテスト」を毎年開催しています。2017年度は、全国から選抜された84名のドライバー(グループ会社含む)が、日頃培った運転技術や知識などを「学科」「運転」「点検」の3項目で競いました。
コンテスト出場に際しては全国の出場選手が合同で研修を行うため、ノウハウの共有、運転技術やマナーの底上げ、プロ意識の向上にもつながっています。
このコンテストは、2017年で25回目を迎えました。

ドライバーコンテストの様子

ドライバーコンテストの様子

連続無事故表彰制度

佐川急便では、営業所を対象に連続無事故表彰制度を設けています。連続無事故とは、車両の保有台数に連続無事故日数を乗じて算出します。営業所の全従業員が一致団結して安全運転に取り組む動機づけのひとつになっています。

車両整備の徹底

SGホールディングスグループでは、「車両の整備不良事故ゼロ」を目指しています。
グループ内の営業車両はすべてSGモータースが統括管理。SGモータースは全国14支店・25か所の自社整備工場と275か所の提携会社を基盤に、全国で3万台をカバーする整備ネットワークを有しています。
車両点検は、ドライバーが乗車前に必ず行う日常点検のほか、車両整備計画に基づきSGモータースが行う3か月点検、および12か月点検があります。点検整備項目は標準化されており、不具合の見落としを防ぐ仕組みになっています。

車両整備の徹底
IoTで支える安全
テレマティクスクラウドサービス

SGシステムではクラウド基盤によるテレマティクスクラウドサービスを提供しています。テレマティクスとは、自動車などの移動体に通信システムを組み合わせて情報サービスを提供することの総称です。これによって自動車運行における各種情報を蓄積・分析し、安全性の向上に貢献します。
本サービスは、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会より2016年度「次世代物流システム構築事業費補助金」の認定事業者に選ばれました。スマートデバイスを利用して、輸送中のトラックと中継センター、倉庫、路線会社間の動態管理とコミュニケーションできる「テレマティクスクラウドシステム」の開発を進めています。

  • 運行データの詳細画面イメージ

    運行データの詳細画面イメージ

  • 運転日報のイメージ

    運転日報のイメージ

社会全体の安全確保のために
子どもたちの安全

「さがわきゅうびん交通安全教室」

佐川急便では、一人でも多くの子どもたちが危険を回避できることを願って、「さがわきゅうびん交通安全教室」を開催しています。
園児から小学校低学年の児童を中心に、全国の子どもたちに交通ルールを守ることの大切さを説いています。心身ともに発達段階にある子どもたちは、好奇心が旺盛な反面、注意力が散漫です。交通ルールの理解も未熟なことから、路上で思いがけない行動に出ることがあります。この交通安全教室では、子どもの目線に立ち、実際に使用しているトラックや着ぐるみなどを用いて判りやすい説明を心がけています。教育機関やPTA、警察関係者からも高い評価をいただいています。

  • 「さがわきゅうびん交通安全教室」
  • 「さがわきゅうびん交通安全教室」
高齢者の安全

佐川急便では、幼児・小学生に対する交通安全教室に加えて高齢者を対象とした交通安全教室も各地で開催しています。

高齢者対象の交通安全教室

高齢者対象の交通安全教室

高齢者の安全
コラムあんぜん絵日記コンクール

SGモータースは、2014年度より「あんぜん絵日記コンクール」を開催しています。家族で「安全」について考える機会を持つことで、安全意識の向上を図り、交通事故・違反を抑止することを目的としています。4回目となる2017年度は、従業員のお子さんが描いた独創性豊かな97作品の応募があり、最優秀賞(2作品)、優秀賞(2作品)、特別賞(4作品)を選出しました。
今後も、さまざまな安全への取り組みや啓発活動を行い、交通事故・違反の抑止に努めていきます。

あんぜん絵日記コンクール

最優秀賞作品

安全運転教育サービス

佐川急便では、培ってきた安全運転のノウハウを「安全運転教育サービス」として一般事業者にも有料で提供しています。教育対象は、指導者と運転者の両方です。神奈川県の研修施設にて、実車訓練から安全講話、運転適性検査などの座学までさまざまな安全運転プログラムを実施しています。このサービスは、特に運輸・輸送以外の事業者から多くご依頼いただいています。社会一般の交通事故抑制に役立っていると考えています。

研修例

  • 指導者向け研修:
    安全運転指導員研修(1泊2日)
  • 運転者向け研修:
    安全運転基礎研修(1泊2日)
    事故惹起者研修(1日)
  • 安全講話・講習(事故防止対策・安全確認方法・安全運転 指導方法・危険予知トレーニングなど)
  • 教習車を用いて指導する様子

    教習車を用いて指導する様子

  • 2017年度参加者数

    2017年度参加者数

海外での取り組み
SG佐川アメロイド(シンガポール)

SG佐川アメロイド(シンガポール)では2015年より安全委員会を設置し、交通事故防止に努めています。
また、ウェブポータルシステム(事故等報告システム)や、運転手教育や運転分析のためのシステム、運転モニタリングなどを目的とした高解像度車載カメラなど機器の導入も進めています。

主な取り組み

  1. 01車両・フォークリフトの点検を各ドライバーの日課に
  2. 02安全管理委員が毎月、倉庫・事務所等を点検
  3. 03ドライバー全員へ安全運転に関する講義・危険回避運転の訓練を実施(運転状況チェックシステムを活用)
  4. 04車両故障・火災・事故など緊急時の対応手順と連携方法を制定(携帯用ポケットカードを配布)
  5. 05全車両に、故障時に使用する三角形の表示板・セーフティベスト・救急箱・消火器などの安全対策用品を装備
  • 運転状況チェックシステムの資料

    運転状況チェックシステムの資料

  • 緊急時対応用ポケットカード

    緊急時対応用ポケットカード

健康管理

体制

SGホールディングスグループでは従業員の健康増進・疾病予防のために、国内の健康保険組合と協働して、健康管理事業推進会議を年2回開催し、具体的な数値目標を設け、従業員の健康課題の解決に向けて、積極的に取り組んでいます。
また、生活習慣病キャンペーンの実施や、適正体重管理の推進など自主的な健康づくりの環境整備も進めています。特に健康リスクが高い方に対しては、重症化予防対策、さらにメタボ対象者に対しては、SGスマートプログラム(特定保健指導)を行うなど、健康リスクの低減に努めています。加えて禁煙推進活動として、禁煙普及委員会を事業会社毎に設置し、従業員の健康づくりを推進しています。

取り組み

メンタルヘルスケア

SGホールディングスグループでは、2015年12月のストレスチェック義務化以前からメンタルヘルスケアに関する取り組みを国内グループ会社向けに行っています。メンタルヘルスの管理としては、健康保険組合の全被保険者(約47,000名)を対象に年1回ストレスチェックを実施。希望者には産業医などとの面談も行っています。
また、従業員と家族の心の健康のサポートを目的に、専門機関による「SGホールディングスグループ健康ダイヤル24」を開設し、フリーダイヤルとWebで相談を受け付けています。希望者は、全国にあるカウンセリングルームなどで臨床心理士によるカウンセリングを無償で受けられます。
2016年度からは、全社統一でストレスチェックを年1回実施し、希望者には産業医との面談も行っています。
その結果をもとに組織分析も行い、より良い労働環境の提供に努めます。

グループ健康ダイヤルを訴求するポスター

グループ健康ダイヤルを訴求するポスター

女性従業員向け乳がんセミナーを初開催

2017年10月、SGHグローバル・ジャパンは、一般社団法人ピンクリボン代表理事の新井久美子氏を迎えて「女性従業員向け乳がんセミナー」を実施しました。乳がんは女性がかかりやすい病気のひとつであり、女性従業員の割合が40%を超えるSGHグローバル・ジャパン本社においては、ワークライフマネジメントの一環として、乳がんに関する社内啓発を目的に行われました。セミナーには40名の従業員が参加し、乳がんに関する基礎知識や、自己検診用グローブ「ブレストケアグラブ」の使用方法などを教わりました。

  • ブレストケアグラブを実際に使った自己検診方法の講義

    ブレストケアグラブを実際に使った自己検診方法の講義

  • 模型による乳がんのしこりの硬さを体感する様子

    模型による乳がんのしこりの硬さを体感する様子

このページの先頭へ