このページの先頭です

サイト内の現在位置

環境 -ENVIRONMENT
環境保全活動

取り組み

森林保全

森林にはCO2の吸収や土壌流出の防止、水源の涵養(かんよう)、生物多様性の保全など、動植物が生きていくうえで欠かせない機能があります。日本は森林資源が大変豊富な傍ら、木材の輸入自由化によって国産材の需要が縮小し、森林保全を担う林業業界は大変厳しい環境下にあります。そのため、適度な時期に木々を間引く「間伐(かんばつ)」など充分な手入れがなされず、本来の機能が発揮できない森林が多く、課題となっています。

佐川林業は四国の高知、徳島の両県内に7か所、合計約703ヘクタールの森林「さがわの森」を保有しています。地元の森林組合とともに、間伐などの保全活動を行い、光を充分に浴びてCO2を吸収する元気な森林育成を行っています。間伐した木々は建築用建材やバイオマス燃料などに活用。健全な森林サイクルの運用を進め、地域の活性化と雇用の創出につながる事業活動を目指しています。また、2011年にはJ-ver認証委員会より5,440トンのカーボン・オフセット・クレジットを取得。佐川急便の輸送時や、グループで参加する環境イベント開催時に排出されるCO2の削減に活用しています。

「佐川急便高尾100年の森(東京都)」では、人と自然が共生し、100年先も続く持続可能な里山を再生・保全する活動を2007年にスタートさせました。豊かな自然あふれるフィールドで、市民、大学などの教育機関や専門家、NPOなど多くの人たちと協働で「、脱温暖化に役立つ里山「」人と自然が共生する里山」の再生を「100年」という言葉に象徴されるゆったりとしたタイムスケールで進めています。

森林保全
  • 森林保全
  • 森林保全

土佐山田山林

環境省「国立公園オフィシャルパートナーシップ」締結

SGホールディングスは2017年3月、物流業界として初めて環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結しました。本プログラムの目的は、環境省と企業・団体が相互に協力し、国立公園の美しい景観と魅力を世界に向けて発信すること、国内外の人々に環境保全への理解を広めること、さらに国立公園所在地の地域活性化を推進することです。具体的な活動として、訪日外国人観光客に向けて、国立公園の最寄り空港に「宅配カウンター」を設置して気軽な国立公園訪問の推進、ウェブサイトを通じて国立公園の魅力発信を行っています。

山本 公一 環境大臣・当時(左)とSGホールディングス代表取締役会長 栗和田 榮一(右)

山本 公一 環境大臣・当時(左)と
SGホールディングス代表取締役会長 栗和田 榮一(右)

主な取り組み内容

期間:2020年12月31日まで

  1. 1.最適な輸送手段の提供による物流面での支援「手ぶら観光」を促進することによる訪日外国人利用者の利便性向上に向けた、国立公園最寄空港への宅配カウンター設置の検討
  2. 2.ウェブサイト・その他媒体を活用したPR・魅力発信ウェブページにおいて、国立公園を紹介し魅力を発信する専用ページの作成
  3. 3.3Rの推進事業活動において、グループ全社が3Rを一層推進し、持続可能な社会に貢献します。
  4. 4.環境教育の取り組みグループ全従業員を対象に環境負荷低減や自然環境の保全・再生に向けた環境教育を行い、環境問題への意識向上に努めます。
  5. 5.環境コミュニケーションの取り組み地域との相互理解を目指し、積極的な情報開示に努めるとともに、次世代を担う子どもたちを主な対象として、広く環境コミュニケーションに取り組みます。

Reduce(ゴミの発生抑制)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)の頭文字をとって3Rと呼ばれています。

オフィシャルパートナーロゴマーク

オフィシャルパートナーロゴマーク

エクスポランカ社(スリランカ)の環境保全活動

●50,000本植樹計画

エクスポランカ・フレイト社(EFL)は、5年以内に50,000本超の植樹を行う予定です。私たちが受けた自然の恩恵を、少しでも未来の子どもたちに残したい。EFLはこの活動を通じて、SDGsに設定された気候変動対策に取り組み、宇宙にたったひとつの地球を守りたいと考えています。

50,000本植樹計画

●世界環境デーの「電球キャンペーン」

EFLは2017年度も世界環境デーに合わせて、自社従業員および事業所周辺のオルゴダワッタ地区の住人を対象に、白熱電球をLED電球と無料で交換するキャンペーンを行いました。この活動は2018年で3年目を迎え、これまでに合計約6,000個の電球をLEDに交換しました。

世界環境デーの「電球キャンペーン」

このページの先頭へ