このページの先頭です

サイト内の現在位置

安全を基盤とした高品質なサービスの提供安全・安心な交通社会への貢献

安全管理体制

国土交通省による運輸安全マネジメント評価

国土交通省による運輸安全マネジメント評価

佐川急便は、「輸送の安全確保」を経営の最重要課題に位置づけています。中期目標を「2012年度基準値から、毎年5ポイントの事故発生指数を削減」とし、その達成を目指して取り組みを深化させています。
体制面では、経営層を中心とした安全対策委員会にドライバーの声を反映させるなど、経営層と現場が一体化した安全管理体制を構築しています。運用面では、「運輸安全マネジメント制度」に基づき、輸送の安全確保に向けてPDCAを展開しています。
安全対策委員会では、委員による安全会議を毎月開催し、安全活動の進捗状況の把握をはじめ、安全確保について多角的な対策を討議しています。また、全国の従業員が参加する「佐川オフィシャルコミュニケーション」を定期的に開催し、現場の声を安全対策に生かしています。さらに、2015年度においては、当社の安全管理体制の維持および改善に関する取り組みについて、国土交通省による運輸安全マネジメント評価を受けました。
このほか交通事故防止に向け、①一時停止場所での完全停止②駐車措置の100%履行③エコ安全ドライブ※1の実践、を重点施策として取り組みましたが、2015年度の交通事故発生件数※2は前年度比3.6%増加しました。
2016年度は、重大な事故につながる危険性の高い交差点事故、自走事故の防止について重点的に取り組みます。

  • ※1 エコ安全ドライブ:急発進、急加速、急停止などをせず、環境に配慮して交通事故を未然に防ぐための運転技術。
  • ※2 自動車事故報告規則に基づく国土交通省届出事故17件(責任事故)
安全管理組織体制図
安全管理組織体制図
交通事故発生指数推移(2000年を100とした場合)
交通事故発生指数推移(2000年を100とした場合)

安全教育の推進

佐川急便は、神奈川県、愛知県、広島県、香川県に設けた研修所で、安全運転者育成のための各種研修を行っています。
新人ドライバーには、安全運転基礎研修をはじめ、優秀なSD(セールスドライバー®)として独り立ちするまでの継続的な研修、さらにアフターフォローを含めて、1年間の教育期間を設けています。また、現場教育に従事する従業員を対象に、SD指導員認定研修や安全運転検定員認定研修を実施し、指導者の育成にも努めています。加えて、エコ安全ドライブを全てのドライバーへ浸透させるため、管理職や指導員に専門的な研修を実施し、毎年約100名の指導員を育成しています。
前年に引き続き、各営業所の安全推進責任者を対象とした研修を継続的に実施しており、2015年度は車両整備について23回の研修を実施し、最新技術や知識の習得を図りました。

安全に関わる研修
安全に関わる研修

安全に関わる各種研修

安全運転基礎研修

運転業務に関わる新入社員を対象に、事業用自動車運転者として最低限必要な技能と知識を習得する研修を行っています。安全意識や危険感受性を向上させるための講義、トラックの運転特性や安全確認方法を身につけるための実車訓練などを行っています。この研修により運転品質の平準化を図ることで、安全を確保しています。

SD指導員認定研修

新入社員の現場教育に従事する指導者の立場にある従業員を対象に、不安全行動を見抜き、的確な指摘と指導ができるようになるための実技訓練を実施しています。営業所におけるOJTに対応できる指導者の育成を目的としており、安全運転のマニュアルである安全運転基本要領を正しく理解し、交通事故・違反をなくすことができるよう育成します。コミュニケーション能力を高め、より実践的な能力を身につけるために、ロールプレイを用いた訓練も実施しています。

安全運転検定員認定研修

正確な運転操作、安全確認の実施状況を確認し、運転者の乗務可否を判断する見極めに従事する検定員を認定する研修です。

エコ安全ドライブ(7ヶ条)

環境負荷低減にも大きな効果がある安全運転。佐川急便ではエコ(環境)と安全を一つにした「エコ安全ドライブ」を推進しています。
エコ安全ドライブは、急発進、急加速、急停止などをしない、環境に配慮して交通事故を未然に防ぐための運転技術です。発進や走行時のエンジン回転数の上限設定やギヤチェンジのタイミングに関わる運転技術指導により、安全・環境面に配慮するとともに、燃料使用の抑制によりコスト面でも成果を上げています。エコ安全ドライブを全てのドライバーへ浸透させるため、管理職や指導員に対して専門的な研修を実施しています。
エコ安全ドライブで特に重要とされる項目は、「エコ安全ドライブ7ヶ条」として従業員に配布するSAGAWAビジネスガイドに掲載しています。また、教育映像ツールによる指導も行っています。

【エコ安全ドライブ7ヶ条】

  1. 「ふんわりアクセル『eスタート』」の実践
  2. シフトアップは早目に操作
  3. 交通状況に応じた、定速走行での運行
  4. 十分な車間距離の確保
  5. 早目のアクセルオフでエンジンブレーキの活用
  6. 駐車時は、キー抜き(エンジン停止)の励行
  7. 日常の点検・整備と空気圧管理

エコ安全ドライブ研修

毎年約100名の指導員を育成

毎年約100名の指導員を育成

営業所管理職および安全推進職を中心に、中部トラック総合研修センター(愛知県みよし市)を利用したエコ安全に関わる研修を開催しています。研修生が自らエコ安全ドライブの必要性を理解し、運転技術を習得することで、交通事故を未然に防ぎ、現場教育の指導強化を図ります。この研修により、交通事故を抑止するのみならず、燃料消費やCO2排出量を抑える運転技術を養っています。

安全推進初任研修

初任の安全推進職を対象に、法的要件など必要な知識を習得するために実施する研修です。

カーメンテナンストレーニング

佐川急便では2015年度、各営業所の安全推進職を対象に「カーメンテナンストレーニング」を合計23回実施しました。整備管理者として必要な車両整備に関わる実技指導や、車両の構造についての知識習得を行いました。車両のメンテナンス方法を学ぶことで、車両故障の未然防止や愛車精神の向上に効果を上げました。

  • 実車を用いた講義の様子
  • ドライバーコンテストの開催

実車を用いた講義の様子

ドライバーコンテストの開催

灯火など日常点検競技

灯火など日常点検競技

佐川急便では、公道を使用して事業を営む企業の責任として、プロドライバーの育成および全従業員の安全に対する意識の向上を目指した「ドライバーコンテスト」を毎年開催しています。
2015年度は、全国から選抜された総勢81名のドライバー(グループ会社含む)が、日頃の業務を通じて培った運転技術や知識などを「学科」「運転」「点検」の3つの項目で競い合いました。
このコンテストは、人材育成やドライバーのモチベーション向上の場としても機能しています。コンテスト出場へ向けて複数の営業所が合同で研修を行うことで、ノウハウの共有を進め、運転技術やマナーの底上げ、プロ意識の向上などにもつながっています。

交通事故を未然に防ぐ取り組み

ドライブレコーダーの画像

ドライブレコーダーの画像

SGホールディングスグループは、車両の整備事故ゼロを目指し、保有する車両の整備をSGモータースにて行っています。具体的には、全国整備ネットワークの強化を図り、サポート体制の拡大、サービスの向上に努めています。
佐川急便では、全車両の32.5%(約7,900台)にドライブレコーダー(安全運転記録装置)を搭載し、ドライバーの運転指導に活用しています。ドライブレコーダーに記録された情報を多くのドライバーが共有することで、交通事故の未然防止に役立てています。

  • ※ ドライブレコーダー:事故原因の記録や安全運転意識の向上に使用される車載専用の記録装置。「ブレーキ」「停止」「ハンドル」「右左折」「スムーズ」の5つの項目などを活用し、ドライバー不安全行動の矯正指導に活用しています。

整備ネットワーク拡充と機能拡充

整備ネットワーク

整備ネットワーク

SGモータースは、全国整備ネットワークの強化を図り、サポート体制の拡大、サービスの向上に努めています。2016年3月現在、全国で15支店27カ所の整備工場、2カ所のボディ製造工場を展開しているほか、267カ所の協力会社との連携で、全国各エリアをカバーしています。
また、物流事業の多様化に対応するため、トレーラーやミキサー車などの特殊自動車・産業機械類の整備、フォークリフトなど輸送運搬機械の販売や修理なども行っています。 お客さまの多様なニーズに応えるため、今後も整備ネットワークと機能の拡充に取り組んでいきます。

幹線輸送の安全確保

佐川急便は、幹線輸送における安全性の向上を目指し、協力会社と共同したさまざまな取り組みを行っています。
「幹線輸送安全パトロール」は、幹線の主要なサービスエリアやパーキングエリアにて、車両の点検とドライバーの心身のリフレッシュを行い、車両故障と交通事故を未然に防止する活動です。協力会社はもちろん、一般のトラックについても点検を実施しています。また、全事業所において、佐川急便の管理者と協力会社の管理者が専用のチェックシートを使用して車両点検を行う「幹線輸送ターミナル点検」も実施しています。

  • 幹線輸送ターミナル点検

    幹線輸送ターミナル点検

  • 幹線輸送安全パトロール

    幹線輸送安全パトロール

協力会社安全セミナーの開催

佐川急便は、幹線輸送に関わる協力会社の経営者を対象に、安全セミナーを開催しています。
2015年度は、トラック事業者に対する安全対策の取り組みや運送事業者の基本的・法的責任、労働災害の防止、健康管理について、三井住友海上火災保険株式会社などの外部講師を招いて講義を実施しました。全国5カ所の会場で、243社の協力会社に参加いただきました。

優秀安全運転事業所表彰

SGホールディングスグループは、従業員の運転記録証明を取得しています。これは本人同意のもとに取得しており、従業員の安全意識向上に役立てています。
2015年度は、運転記録証明を活用して安全運転管理を推進している事業者を表彰する制度により、グループの195事業所が自動車安全運転センターから優秀安全運転事業所表彰を受賞しました(プラチナ賞:20事業所、金賞:52事業所、銀賞:62事業所、銅賞:61事業所)。

安全運転教育サービスの提供

教習車を用いて指導する様子

教習車を用いて指導する様子

佐川急便は、社会全体の交通安全に貢献するために、これまでに培ってきた安全運転に関するノウハウを、「安全運転教育サービス」として一般事業者にも提供しています。神奈川県にある自社所有の運転教習施設(約31,680m2)にて研修を提供しており、お客さまのニーズに応じたプログラムにも対応しています。
このサービスの特徴は、指導者・運転者を対象にした安全講話、運転適性検査などのプログラムがあり、座学だけではなく、自社施設を活用した実地教育をも行っている点です。運輸・輸送を事業とする企業だけでなく、自社製品の運搬や介護事業者など、車両を使用して事業を行っている他業種の企業から依頼を受けるケースもあり、2015年度は42社に対し127回の研修を提供、1,663名の方が参加しました。
2016年度は、サービスの提供機関として、指導員への研修を強化するとともに、あらゆる業種のお客さまに対し、幅広く当社の安全ノウハウを提供させていただくことで、社会全体の交通安全に寄与したいと考えています。

「フォークリフト運転技能コンテスト」の開催

佐川グローバルロジスティクスは、運転技術・点検技術の向上、および安全で安心な労働環境を確立していくことを目的に、2007年より「フォークリフト運転技能コンテスト」を毎年開催しています。
第9回大会は、2016年2月に千葉県のトヨタL&Fオンサイトセンターにて開催し、「わくわくフォークリフト大会」と位置づけ、女性8名を含め全国から選抜された総勢18名のフォークリフトオペレーターが、日頃培った運転技術と安全に対する意識について「学科」「運転」「点検」の3項目にて競い合いました。
今回は、初めてパートタイムの女性従業員も選手として参加することで、より現場で実業務を担当する従業員に出場範囲を拡大した大会となりました。

  • 運転競技中の様子

    運転競技中の様子

  • 総合優勝の玉手昭選

    総合優勝の玉手昭選手

「あんぜん絵日記コンクール」の実施

最優秀作品

最優秀作品

SGモータースは、2014年度より「あんぜん絵日記コンクール」を開催しています。家族で「安全」について考える機会を持つことで、安全意識の向上を図り、交通事故・違反を抑止することを目的としています。2回目となる2015年度は、従業員のお子さんが描いた独創性豊かな85作品の応募があり、最優秀賞(1作品)、優秀賞(5作品)を選出しました。
今後も、継続してさまざまな安全への取り組みを強化するとともに、交通事故・違反防止に努めていきます。

テレマティクスクラウドサービスの提供

SGシステムではIoT技術の進展を踏まえ、クラウド基盤によるテレマティクスクラウドサービスを提供しています。テレマティクスとは、自動車などの移動体に、通信システムを組み合わせて情報サービスを提供することの総称です。このサービスでは、運転診断や運転日報作成など基本的な安全・安心にかかる機能をはじめとして、個別ニーズを踏まえた機能に至るまで多種多様なサポートをしています。同社は、自動車運行における各種情報を蓄積・分析することで、お客さまの安全性と利便性の向上に貢献します。

  • 運行データの詳細画面イメージ

    運行データの詳細画面イメージ

  • 運転日報のイメージ

    運転日報のイメージ

メンテナンスインフォメーション(車両管理システム)の運営

SGモータースは整備を受託する既存顧客の車両について、整備内容、費用明細、点検・車検の点検予定および実施時期などの車両情報をWebサイトでお客さまへ提供するため、2015年4月より、車両管理システム「SGモータースメンテナンスインフォメーション」を運営しています。当サービスの利用により、確実な車両情報をお客さまにお届けするとともに、今後の整備営業を拡大するツールとしても効果を見込んでいます。

このページの先頭へ