このページの先頭です

サイト内の現在位置

安全を基盤とした高品質なサービスの提供

SD(Safe Driver)カード取得率93.9%

【社会課題に対する認識】

「安全」や「品質」に対する社会の関心がさらに高まる中、物流という社会インフラを担う企業グループとして、安全・安心を第一に、「お客さま視点」に基づく事業活動を徹底することで、高品質な商品・サービスを提供することが重要であると考えます。

【SGホールディングスグループのマネジメント】

SGホールディングスグループは、「安全」を経営の最優先事項と位置づけており、交通事故ゼロを目指した組織・体制の構築を積極的に推進しています。安全対策委員会による経営・現場一体の安全管理体制のもと、「運輸安全マネジメント制度」に基づくPDCAを展開することで、「安全・安心な交通社会」の実現を目指しています。また、「品質」においては、自主的に「品質8項目」を定め、その履行率向上に不断の努力を注ぐことで、お客さまの信頼に応える品質管理を徹底しています。
2016年度は安全の重点項目として交差点事故などの交通事故の防止を掲げ、全社で取り組むとともに、品質向上に向けてお客さまの声をサービス向上や商品・サービス開発に活かす仕組みを強化しました。今後も物流という社会インフラを担う企業として社会やお客さまに対する責任を果たしていけるよう、安全・品質に関する取り組みを推進していきます。

このページの先頭へ