このページの先頭です

サイト内の現在位置

社外からの評価

安全・安心な交通社会の実現

「優秀安全運転事業所」表彰

自動車安全運転センターが行っている「優秀安全運転事業所表彰」で、2017年は佐川急便の96事業所が表彰されました。この制度は、運転記録証明書を活用し、事業所ぐるみで安全運転、交通事故防止に努め、無事故・無違反の素晴らしい成果を挙げた事業所を、その達成度合いに応じて銅賞・銀賞・金賞・プラチナ賞として表彰するものです。

2017年度実績

「安全性優良事業所」認定

佐川急便とSGムービング、ワールドサプライは、2018年3月末時点で、それぞれ390か所、11か所、4か所(合計405か所)の事業所において「安全性優良事業所」の認定を取得しています。この認定は、全国貨物自動車運送適正化事業実施機関によって、交通安全などへの取り組みが評価された事業所に与えられるものです。

「安全性優良事業所」認定マーク

「運行管理者講習認定機関」認定

佐川急便は、貨物自動車運送事業運送安全規則に基づき国土交通省が定める「運行管理者講習」の認定機関に認定されています。貨物区分の基礎講習および一般講習が実施可能です。貨物運送業界では数少ない認定機関です。

環境に配慮した事業推進

「第7回カーボンオフセット大賞」環境大臣賞(佐川急便)「持続可能な社会づくり活動表彰」環境生活文化機構会長賞(佐川急便)

環境生活文化機構主催、輸配送の効率化に向けた取り組み、持続的な発展に向けた工夫や独創性、地域社会との連携などが評価されました。

佐川急便 取締役 総務・CSR推進担当 内田 浩幸(左)

ISO14001 環境マネジメントシステム

佐川急便(東京本社)

貨物輸送サービスの統括管理を適用範囲とし、本業に沿った目標の設定、達成度の検証を継続的に行っている。2018年7月、2015年版規格へ移行。

ISO14001適合証明証

EXPOLANKA FREIGHT (スリランカ)

ISO14064 温室効果ガスの排出量・削減量の算定・報告・検証規格

EXPOLANKA FREIGHT(スリランカ)

エコアクション21

SGモータース

全事業所で取得(認証登録期間:2017年11月22日~2019年11月21日)。全従業員が自主的・積極的に環境活動に取り組む環境を整備し、1.照明装置のLED化による使用電力の削減、2.整備工場の雨水利用システム導入による水資源の有効活用、3.廃油を工場内の床暖房や構内のロードヒーティングなどに活用して、資源の循環処理といった取り組みを実施。

認証・登録証

SGムービング

本社および北関東営業所で認証を取得(認証登録期間2018年3月1日~2020年2月29日)。認証取得にあたり、1.ガイドラインに沿った環境負荷データの収集、2.独自の配車ボードを活用した配車効率化によりCO2排出量の多い燃料を大幅に削減、3.営業者を公共交通機関の利用へシフトなど業務内容に合わせた取り組みを実施。

認証・登録証

※エコアクション21:すべての事業者が、環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境省が策定したガイドライン

個性・多様性を尊重した組織づくり

「J-Winダイバーシティ・アワード」企業賞

SGホールディングスは2018年3月、NPO法人J-Winが主催する「2018 J-Winダイバーシティ・アワード」で、物流業界では初となる「企業賞 ベーシック部門」に入賞しました。この賞はダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を図った企業や個人を評価するもので、このうち「ベーシック部門」は女性活躍に向けた制度を整え始めている企業に贈られます。
当社では、グループを超えて女性がさまざまな職種・職位で活躍できる環境を作り、意思決定に関わるポジションにつけるよう積極的に女性の管理職登用を行い、さらに男性管理職を含めた意識改革を行いました。多様なライフスタイルに合わせ、男性にも育児休暇や在宅勤務制度を推進するなど、働き方改革を推進しています。

「ユースエール認定企業」

ヌーヴェルゴルフ倶楽部は2016年10月、厚生労働省の「ユースエール認定企業」にゴルフ場として初認定されました。この制度は、若者の採用・育成に積極的で雇用管理などが優良な中小企業を、若者雇用促進法に基づき厚生労働大臣が認定するものです。ヌーヴェルゴルフ倶楽部は、同制度の認定条件12項目をすべて満たして認定を受けました。2018年度で3年目の継続認定を受け、今後も次世代を担う若年層の採用と人材育成に積極的に取り組むとともに、雇用管理を徹底し働きやすい職場づくりを推進します。

認定式(2016年9月27日 千葉労働局にて)

ユースエール認定マーク

「優良派遣事業者」

SGフィルダ―は2015年3月から認定されている「優良派遣事業者認定制度」に、「優良派遣事業者」として2018年度も引き続き認定を受けました。これは派遣労働者のキャリア形成支援や労働環境の確保、トラブル防止などの条件を満たした派遣事業者に贈られるもので、信頼性のある派遣会社であるということを表しています。人材派遣事業の社会的役割を認識して人材育成やキャリア支援を進め、派遣社員の正社員登用や、業務で必要とする資格取得を支援する「頑張れ自分!応援制度」をはじめとしたキャリア形成支援、ワークライフバランスの推進、コンプライアンスの遵守などの取り組みが評価されました。

優良派遣事業者認定マーク

「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」

佐川フィナンシャルは、2017年11月、「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」に選定されました。この選定は、東京都産業労働局が“従業員が生活と仕事を両立しながら、いきいきと働き続けられる職場の実現に向けて優れた取り組みを実施している企業”に対して行うものです。2017年度は11社が選定され、佐川フィナンシャルは年休取得促進の仕組みづくりや新しい休暇制度の設定など、休暇取得に向けて取り組む点が評価されました。土・日・祝日と有給休暇を組み合わせて4連休以上とする「わくわく休暇」や、記念日などに自由に利用できる有給休暇「アニバーサリー休暇」を推進しており、多くの社員が利用しています。

「子育てサポート企業」として認定マーク(くるみん)を取得

SGホールディングスグループは次世代育成支援対策にも継続して積極的に取り組んでいます。2015年には佐川グローバルロジスティクスが子育てサポート企業としての認定マーク(愛称:くるみん)を取得。現在はSGホールディングス、佐川急便、SGHグローバル・ジャパン、SGシステムを含めて5社が取得しています。

次世代育成支援認定マーク(くるみん)

「スポーツエールカンパニー」

SGホールディングスは2017年12月、スポーツ庁の「スポーツエールカンパニー」に初認定されました。2017年度から始まったこの制度は、運動不足に陥りがちな「働き盛り世代」の社員の健康増進を行う企業を認定しています。運動部の活動や長年のグループ全従業員と家族を対象とした運動会開催、また小学生向けスポーツイベントの開催や全国高校駅伝への特別協賛といったスポーツ人材育成活動が評価されての受賞となりました。
また、東京都が従業員のスポーツ活動への積極的な推進やスポーツ分野における社会貢献活動を実施している企業を選定する「東京都スポーツ推進企業」にも、3年連続で認定されています。

平成29年度 認定ステッカー

総合物流ソリューションによる新しい価値の創造

2017年度物流総合効率化法の認定

認定日 実施事業者名 分野 事業内容 効果

2017年3月29日

佐川急便、
北越急行株式会社

鉄道
モーダルシフト

旅客鉄道を利用した
貨客混載の取り組み

CO2排出量削減:88%
ドライバー運転時間
省力化:60%

2017年8月8日

佐川急便、佐川アドバンス、
日本貨物鉄道株式会社、
株式会社ジェイアール貨物・
南関東ロジスティクス、
全国通運株式会社

鉄道
モーダルシフト

鮮度保持機能を持つ
コンテナを活用した花き、
生鮮品等の
鉄道モーダルシフト

CO2排出量削減:89.3%
ドライバー運転時
間省力化:88.5%

2017年9月1日

佐川急便、
トヨタ輸送株式会社

鉄道
モーダルシフト

自動車部品専用列車の
空きスペースの活用による宅配便貨物輸送の
モーダルシフト

CO2排出量削減:68.8%
ドライバー運転時間
省力化:90%

2018年3月22日

佐川急便、
株式会社日立物流西日本

輸送網
集約事業

大山崎営業所の新設に伴う輸送網集約事業

CO2排出量削減:31.6%
ドライバー運転時間
省力化:16.1%

公益財団法人日本電信電話ユーザ協会主催「第56回電話応対コンクール」全国大会優秀賞6名

品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001:2015」の認証を取得

  • ・佐川急便株式会社(事業所458か所)
  • ・SGムービング株式会社(本社営業部、東京店)
  • ・SGシステム株式会社(関東支店 / 東京コンタクトセンター、テレマティクスソリューションユニット / BPO営業第1ユニット / BPO営業第2ユニット / BPO戦略PJ、関東BPSセンター、関西支店 / 関西BPSセンター、テレマティクスソリューションユニット / 関西BPSセンター、沖縄コンタクトセンター、福島BPSセンター)
  • ・EXPOLANKA FREIGHT(インド・スリランカ)
  • ・SG SAGAWA AMEROID

SGムービングが『IKEA IWAY』に合格

IWAYとは「The IKEA Way on Purchasing Home Furnishing Products(ホームファニッシング製品の仕入れに関するイケアウェイ)」の略。環境と労働条件、児童労働について、同社がサプライヤーに求める最低限の要求事項と、サプライヤーがイケア社に期待できることが規定されています。

イケア社からのレター

責任ある経営基盤の構築

ジャパンレジリエンスアワード2018

佐川急便は「ジャパンレジリエンスアワード※2018」企業・産業部門で最優秀レジリエンス賞を受賞しました。佐川急便は2017年にエネルギー分野(「輸送用車両・利用エネルギーの多様化による物流インフラ強靭化対策」)において最優秀レジリエンス賞を受賞しており、今回2度目の受賞となります。今年度は、国土保全・情報分野(「地域レジリエンス強化に向けた物流インフラ・地域間連携モデル」)における受賞となりました。災害に対する強靭さと気候変動の緩和(CO2排出量削減活動)に資する「地域レジリエンスの強化と持続可能な社会づくり」の推進を目的に、各地域(自治体等)や企業と「包括連携協定、災害協定等」を締結するなど、当社と地域(自治体等)が有する双方のリソースや強みを活かしながら、連携・協働モデルを継続的に開発・実践していることが評価されました。

※一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が創設した、次世代に向けた社会構築のため、“強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等”を実施している企業・団体等を評価・表彰するもの

表彰式の模様(右:佐川急便 取締役 内田 浩幸)

ISO27001情報セキュリティマネジメントシステム

佐川急便(営業部営業課)
佐川グローバルロジスティクス(本社営業部・営業開発部・物流ソリューション部、北関東支店北東京営業所、東京支店大井SRC)
SGシステム(本社、京都SIセンター、福島BPSセンター)

JIS Q 15001個人情報マネジメントシステム

佐川フィナンシャル

このページの先頭へ