このページの先頭です

サイト内の現在位置

グループの沿革

1957(昭和32)年 3月 佐川急便創業者・佐川清が京都において京都−大阪間を主体とした飛脚業を開始する
1962(昭和37)年 6月 「有限会社佐川」設立 
1965(昭和40)年 11月 「佐川急便」設立 
1975(昭和50)年 7月 「京都自動車興業(現・佐川アドバンス)」設立  
1978(昭和53)年 10月 佐川急便が国内100店所目をオープン 
1980(昭和55)年 5月 「佐川自動車工業(現・SGモータース)」設立 
9月 「佐川航空(現・SGHグローバル・ジャパン)」設立 

このページの先頭へ

1981(昭和56)年 7月 「佐川急便グループ健康保険組合(現・SGホールディングスグループ健康保険組合)」設立 
1983(昭和58)年 2月 「佐川コンピューター・システム(現・SGシステム)」設立 
1984(昭和59)年 12月 佐川急便の全国縦貫路線網が完成 
1985(昭和60)年 1月 佐川急便の貨物追跡システムが稼動
1986(昭和61)年 2月 「財団法人佐川留学生奨学会(現・公益財団法人SGH財団)」設立 
10月 「財団法人佐川国際経済協力会(現・公益財団法人SGH財団)」設立 
1987(昭和62)年 10月 佐川急便が国内200店所目をオープン 
1988(昭和63)年 10月 「翼運輸(現・SGムービング)」設立
1989(平成元)年 2月 「財団法人佐川がん研究助成振興財団(現・公益財団法人SGH財団)」設立
10月 全国トラックドライバーコンテスト(全日本トラック協会主催)で佐川急便勢が初めて総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(史上初の満点獲得)
1990(平成2)年 8月 「佐川急便(香港)」設立 
12月 「佐川林業」設立

このページの先頭へ

1991(平成3)年 10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年ぶり2回目、史上2度目の満点獲得) 
1992(平成4)年 6月 佐川急便が出荷支援システム「飛伝シリーズ」のサービスを開始 
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年連続3回目) 
1993(平成5)年 10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(3年連続4回目) 
1994(平成6)年 10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(4年連続5回目) 
1995(平成7)年 10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(5年連続6回目) 
1996(平成8)年 4月 佐川急便が「飛脚航空便」開始 
8月 アトランタ五輪男子マラソンに佐川急便陸上競技部所属選手が2名出場 
1997(平成9)年 6月 「佐川急便ベトナム」設立
「佐川急便ハワイ」設立
佐川急便内にエコプロジェクト推進委員会発足 
8月 佐川急便が国内300店所目をオープン
「佐川急便フィリピン」設立 
1998(平成10)年 1月 「財団法人佐川美術館(現・公益財団法人佐川美術館)」設立 
3月 佐川急便が「宅配便・佐川急便(現・飛脚宅配便)」開始
佐川美術館開館
佐川急便守山陸上競技場(現・SGホールディングスグループ守山陸上競技場)オープン 
4月 佐川美術館開館記念「国際文化交流サミット’98」開催 
6月 佐川急便の地球温暖化防止の取り組みに対し、エコプロジェクト推進委員会が「環境庁長官賞」受賞 
7月 「佐川急便シンガポール」設立 
8月 佐川急便の本社・支社・全国30店所でISO9001認証取得 
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(3年ぶり7回目) 
12月 佐川急便西日本ハブセンター竣工
1999(平成11)年 2月 佐川急便が「佐川美術品輸送(現・美術品輸送)」開始
3月 佐川急便が「飛脚クール便〈冷蔵〉」開始
「佐川急便中部ハブセンター」竣工 
6月 佐川急便がホームページで「荷物お問い合わせ」開始 
8月 佐川急便が新たに192店所でISO9001認証取得。合計222店所に拡大 
9月 佐川急便がインターネットビジネスをサポートする「e's」サービス開始 
2000(平成12)年 2月 佐川急便が携帯電話のインターネットサービスで「荷物お問い合わせ」「配達受領印要求サービス」開始 
3月 佐川急便が「佐川引越輸送(現・引越サービス)」開始
佐川急便が「飛脚国際便(現・飛脚国際宅配便)」開始
佐川急便が「飛脚クール便〈冷凍〉」開始
佐川急便が「飛脚メール便」開始
佐川急便が「時間帯指定サービス」開始
佐川急便が携帯電話のインターネットサービスで「配達完了E-mailサービス」開始 
6月 佐川急便が「e-コレクト」開始 
8月 佐川急便が新たに104店所でISO9001認証取得。合計326店所に拡大
佐川急便がホームページで「配達完了E-mailサービス」「配達受領印要求サービス」開始 
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年ぶり8回目) 
11月 佐川急便が東京・江東区にメールセンター竣工 
12月 佐川急便が執行役員制度導入 

このページの先頭へ

2001(平成13)年 2月 佐川急便が配達完了データのリアルタイム送信開始
4月 佐川急便が多機能送り状発行ソフト「e飛伝(現・e飛伝II)」サービス開始 
8月 佐川急便の本社、全支社、全営業店でISO9001:2000年版認証取得
佐川急便本社でISO14001認証取得
9月 「国際文化交流サミット2001」(主催:佐川美術館)開催
「ヌーヴェルゴルフ倶楽部」設立
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年連続9回目) 
2002(平成14)年 2月 ソルトレーク冬季五輪女子モーグルに北海道支社スキー部所属選手が日本代表として出場
12月 佐川急便が環境省より「地球温暖化防止活動大臣表彰」受賞 
2003(平成15)年 1月 「上海大衆佐川急便物流有限公司」設立
3月 「佐川急便グループ(現・SGホールディングスグループ)環境行動」制定
7月 佐川急便が「e-コレクトショッピングナビゲーション」開設
9月 「保利佐川物流有限公司」設立
2004(平成16)年 3月 電車型特急コンテナ列車「スーパーレールカーゴ」運行開始
佐川急便が「佐川ゆうメール(現・飛脚ゆうメール便)」開始
6月  「上海保利佐川物流有限公司」設立
「天津保利佐川国際貿易有限公司」設立
10月  全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(3年ぶり10回目) 
11月 佐川急便が「e飛伝Pro」サービス開始 
2005(平成17)年 1月 「佐川急便コリア(現・佐川ロジスティクスコリア)」設立
3月 「e-コレクト」米国にてビジネスモデル特許を取得
「佐川急便タイ・コンテナ・ディストリビューション・サービス(現・SG佐川タイ)」設立
「佐川フィナンシャル」設立 
4月 佐川急便が「e飛伝産直」サービス開始 
「佐川セキュリティパッケージ(現・飛脚セキュリティ便)」開始
6月 「佐川急便インドネシア」設立
8月 「e-SAXIS」サービス開始 
9月 「台湾佐川急便国際股ブン有限公司」設立
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年連続11回目) 
12月 第44回電話応対コンクールで佐川急便勢が優勝・総務大臣賞受賞
2006(平成18)年 2月 トリノ冬季五輪女子モーグルに北海道支社スキー部所属選手が出場 
3月 佐川急便が「佐川グリーンメール(現・グリーンメールサービス)」開始
純粋持株会社「SGホールディングス」設立
「e-コレクト」日本にてビジネスモデル特許を取得 
7月 佐川急便と日本赤十字社が救援物資搬送協定を締結
佐川急便が「佐川パソコン便(現・精密機器輸送サービス)」 開始
8月 「佐川急便マレーシア」設立、ASEAN加盟主要国への拠点配備を完了 
10月 佐川急便が「e飛伝Web」サービス開始
全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(3年連続12回目)
12月 佐川グローバルエクスプレス(現・佐川グローバルロジスティクス)と中国速逓服務公司が国際宅配便事業で業務提携 
2007(平成19)年 2月 佐川国際経済協力会が中古トラック寄贈に対してラオス人民民主共和国から国家勲章を受章 
3月 佐川グローバルエクスプレスと佐川グローバルロジスティクスが合併。新社名は佐川グローバルロジスティクス
佐川急便創業50周年を機に飛脚マーク、ユニフォーム、商品名を刷新
6月 佐川急便が「大型家具・家電設置輸送(現・大型家具・家電設置輸送サービス)」スタート 
8月 「SGリアルティ」設立 
9月 佐川美術館に「樂吉左衞門館」開館 
10月 佐川急便が「受取人確認配達サービス(現・受取人確認配達サポート)」開始
佐川急便北九州センター竣工
12月 「佐川急便50年史」発刊
2008(平成20)年 2月 佐川急便が「CO2排出権付き飛脚宅配便」開始
4月 佐川アドバンスが通信販売サイト「カットコット」を開始
5月 佐川アドバンスがセキュリティシステム「3D顔認証就業管理システム」販売開始
8月 北京五輪男子競歩に佐川急便所属選手が出場 
10月 全国トラックドライバーコンテストで佐川急便勢が総合優勝・内閣総理大臣賞受賞(2年ぶり13回目)
2009(平成21)年 2月 佐川急便がワールドサプライを子会社化
佐川急便本社東京本社でISO27001認証取得
3月 佐川急便が「飛脚特定信書便」サービス開始
6月 佐川急便が「リコール・トータルサービス」開始
7月 佐川急便がセールスドライバーの夏季制服としてハーフパンツを導入
佐川急便が「文書保管サービス」開始
8月 SGホールディングスとフューチャーアーキテクトが資本・業務提携
2010(平成22)年 2月 佐川ロジスティクスパートナーズが事業開始
6月 佐川急便が「祇園佐川急便」を開設
7月 佐川急便が宅配専用車載ナビゲーション・システム「Biz-Navi」を導入
8月 佐川フィナンシャルが「SAGAWA B2B 決済サービス(現・物流決済サポート)」開始
10月 佐川急便が送り状デザインを刷新
11月 SGモータースがオリジナルボトラーカー「FVV」を販売

このページの先頭へ

2011(平成23)年 1月 佐川急便が通販事業者向け「商品引取サービス」を開始
2月 SGモータースが車両整備で両備ホールディングスと業務提携
佐川グローバルロジスティクスが韓国の総合物流企業・韓進と業務提携
3月 佐川引越センター(現・SGムービング)が介助士による引越しサポートを開始
佐川グローバルロジスティクスが中国・上海での代金引換サービスに「銀聯カード」決済を開始
佐川急便がISO9001 認証登録388事業所に拡大
4月 SGモータースが3温度帯管理機能搭載車両(FVV)を開発
佐川急便が「飛脚マーケティングメール(現・エリアポスティングサポート)」を本格展開
「SGフィルダー」設立
「SGエキスパート」設立
5月 佐川急便が「飛脚特定信書航空便」の取扱を開始
6月 SGモータースが車両整備で久留米マルキュー整備と業務提携
7月 SGシステムが中国に「無錫飛速物流信息科技有限公司」を設立
9月 佐川急便が銀座に私設私書箱「飛脚マイボックス(現・あんしん私書箱サポート)」を設置
佐川林業がオフセット・クレジット(J-VER)を取得
10月 SGシステムがクラウドサービス「Biz-BLUE」提供開始
佐川急便がタッチパネル式送り状発行システム「e飛伝タッチ」を開発
佐川急便九州支社大分サポートセンターが日本電信電話ユーザ協会主催企業電話応対コンテスト(サービス部門)で最優秀賞を受賞
11月 上海大衆佐川急便有限公司が中国・広州で宅配便事業を開始
2012(平成24)年 1月 大規模基幹系システムのオープン化を完遂
2月 佐川急便ベトナムがハノイ・ホーチミンで宅配便事業を開始
佐川急便が宅配ボックスを利用した宅配便の発送受付サービスを開始
3月 佐川急便がリコール時などに製品回収を支援する「リバース・ソリューション」を開始
佐川急便 陸上競技部の山本亮選手が、ロンドンオリンピック男子マラソン日本代表に決定
4月 佐川急便が「第21回地球環境大賞 環境大臣賞」を受賞
5月 SGリアルティが横浜市に大型物流施設「SGリアルティ横浜」を竣工
6月 「SGホールディングス・グローバル」設立
佐川急便が宅配業界初の24時間電話受付による集荷を開始
佐川急便が宅配便を活用した「家電修理サービス」を開始
佐川急便 陸上競技部 谷井孝行選手が、ロンドンオリンピック50km競歩日本代表に決定
8月 佐川急便が商品回収時の返金業務を代行する「商品回収・返金サービス」を開始
佐川グローバルロジスティクスが海外送金可能な日本向け海外通販の代金引換サービスを開始
9月 SGシステムが福島県郡山市にスキャニングセンターを開設
SGリアルティの大型物流施設「SGリアルティ横浜」がDBJ Green Building 認証において、最高位「プラチナ」を取得
12月 佐川急便が都内最大規模の最新鋭大型物流施設を開設(佐川東京ロジスティクスセンター)
2013(平成25)年 2月 SGムービングが業界初の復興支援型サービス「カーボン・オフセット引越輸送」を開始
3月 SGホールディングス、SGリアルティが全国78ヶ所の物流施設に太陽光発電パネルを設置し「再生可能エネルギー供給事業」を開始
4月 「SGアセットマックス」設立
5月 SGホールディングスがシンガポール国内の物流事業強化のため、シンガポールの物流企業「AMEROID LOGISTICS(S) PTE.LTD.」を買収
佐川急便が物流業界で初めて、24時間修理対応が可能な「家電リペアセンター」を開設
7月 佐川急便が安全運転教育研修サービス、安全管理体制のコンサルティングを開始
SGムービングが大型商業貨物の全国配送インフラを構築
SGHグローバル・ジャパンが羽田空港内の国際貨物需要に対応するため「羽田sgxセンター」を開設
SGホールディングス・グローバルが経済成長が見込まれるカンボジアに支店を開設
8月 SGホールディングス 陸上競技部 谷井孝行選手が「第14回世界陸上競技選手権」男子50km競歩に出場
9月 佐川アドバンスが燃料販売事業を開始
佐川フィナンシャルがベリトランスのASP決済サービス「IVR決済ソリューション」を活用した新決済サービスを開始
10月 SGモータースのオリジナルボトラーカー「FVV(for vender vehicle)」の出荷台数が累計500台を突破
SGリアルティが「SGリアルティ柏B棟」を竣工、稼動開始
2014(平成26)年 1月 SGホールディングス・グローバルがバンコク周辺工業団地間における小口混載サービスを開始
3月 「SG SAGAWA USA, INC.」設立
4月 佐川急便が「信書回収サービス」の提供を開始
佐川急便が物流業界で初めて「カーボン・ニュートラル認証」を取得
佐川急便がグループ合同の戦略的営業開発チーム「GOAL®」を発足
SGムービングが業界初専用車両による「出張機密文書溶解サービス」を開始
5月 SGムービングが女性のための引越サービス「レディースムービング」を開始
佐川急便が次世代育成認定マーク「くるみん」を取得
6月 SGリアルティが大型物流施設「SGリアルティ舞洲」を竣工
SGホールディングス・グローバルがスリランカの物流企業「Expolanka Holdings PLC」をグループ会社化
SGホールディングス・グローバルが韓国仁川空港保税エリアに倉庫を新設し、輸入通関サービスを開始
7月 佐川急便が「飛脚電報便」サービスを開始
佐川急便が宅配便事業者初 使用済小型家電の宅配回収事業を開始
9月 佐川急便、佐川フィナンシャルが後払い決済サービス「SAGAWA後払い」の提供を開始
佐川グローバルロジスティクスが大阪市此花区に「舞洲SRC(佐川流通センター)」を開設
SGホールディングス会長の栗和田が安倍総理の経済ミッションにメンバーとして参加
10月 佐川急便が入荷業務の効率化を実現するサービス「スマート納品®」を開始
佐川急便が提案力と課題解決力を強化することを目的とした新営業戦略「Sクオリティ」を開始
11月 「東京における地区物流効率化認定制度」において、佐川急便の館内物流業務が物流事業者として初の認定を受ける
12月 佐川急便が平成26年度地球温暖化防止活動 環境大臣表彰 対策活動実践・普及部門を受賞
佐川急便が第13回グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰 国土交通大臣賞を受賞
2015(平成27)年 2月 SGムービングが引越事業者優良認定制度「引越安心マーク」を取得
3月 「SG佐川ベトナム」設立
佐川アドバンスが東京フラワーポート株式会社と業務提携契約を締結
SGリアルティ、SGアセットマックスが日本初の物流系オープンエンド型非上場投資法人「SGAM投資法人」の運用を開始
4月 佐川留学生奨学財団、佐川がん研究振興財団、佐川国際経済協力会の3財団が合併し「公益財団法人SGH財団」へ法人名称を変更
ローソンとSGホールディングスが業務提携
5月 佐川急便が宅配便業界で初めてスマートフォンを利用した「電子サイン」を開始
SGモータースが車両管理システム「SGモータースメンテナンスインフォメーション」の提供を開始
SGホールディングスが「子育てサポート企業」として認定マーク(くるみん)を取得
6月 SG佐川ベトナムが、保冷配送サービスを開始
SGムービングが引越業界で初めて家事代行サービスをギフトチケットとして提供
7月 SG佐川ベトナムが、ベトナムファミリーマートでの宅配取次店サービスを開始
佐川急便が全国のローソン店舗での「コンビニ受取サービス」を開始
10月 SGムービングが「SG延長保証サービス」の提供を開始
SGムービングが引越業界初「カーボン・ニュートラル認証」を取得
佐川急便が24時間納品対応「スマート納品24」の提供を開始
11月 SGモータースが中古車情報ウェブサイト「中古車SG.net」を開設
佐川急便が環境配慮型物流施設「SGリアルティ東松山」内に東松山SRCを稼働

このページの先頭へ